ししゃも包囲網

フィギュア・キット制作等々を綴っています。"ししゃも亭"としてWF等イベントにも出してます。

青葉作ります!その2 -素体-



tousen.jpg


WF2017W当選しました!
今度こそはダメだと思ってましたが当選できて良かったです

前回、前々回と落選者が多かった印象でしたが、今回はあまり落選報告を見かけませんでした。
フォロワーさんも落選した方はいなかった気がします。

とはいえかなり大手のディーラーさんが落選していたりとWF事情は中々混迷してます。
せっかく参加機会を得たのでしっかりやっていきたいと思います。






気がつけば9月も半ば・・・
版権本申請まで1ヶ月切ってます。

現在の進捗具合としては素体のポーズ付まで進んでます
進み具合としては悪くないんですが、加古改二の調整もあるので少々遅れ気味といって言いいかと。


こんな感じです

P9172232.jpg

ポーズは前回の記事で描いた絵を元にしてます
↓ですね

img023_kan.jpg


元絵と比べると体全体の角度が縦方向に変わってます

実際に作って立ててみたらこっちの方が躍動感出たのでこれで行こうかと。

コンセプトが少しヅレてくるので、変えるなら変えるなりに考えていかないとダメな気がします。
躍動感があるから、とか可愛いから等の理由で作ると作品の動きがぼんやりしてくるので、注意したいところ。

動きの辻褄が合わなくなるっていうか、気持ちの問題かもしれませんが・・・


P9172228.jpg

関節部分や肉付きの調整はこれからです。

肉体的にはあまりボリューミーにする気はないです。
加古や古鷹はむっちりしてましたが、過去に作ったシャルロッテのようなスラッとした感じの造形になります。

今回のテーマは「ポップでキュートな青葉」です。



右腕と左腕が直線上に見えるので、右肘をもう少し上に上げて腕同士の角度差を出したほうが良さそう
他ポージング的に目がつくところはあまりないですね。

この時点では全体として悪くないと思います。



P9172236.jpg

真横からです

頭部が胴体とつながっていないので隙間があいて少し変に見えます。
ここら辺はつなげてから再確認します。

横から見たときの頭部形状は苦手です。
キャラクターの頭部形状は西洋人的な形がよく使われてます(後頭部が出てる感じのやつ)が
これのボリューム感がイマイチつかめなくて、加古改二のほうも同じ場所で迷走してます。
他にも前髪と後ろ髪の厚みとか色々なバランスが見た目に効いてくるので・・・

ここらの調整は本申請後でもいいので今はあまり因われないようにします


P9172239.jpg

結構後傾しているように見えますね

重心は正面から見て左斜め後ろに倒し気味です。
今まで何作か原型をを作ってきましたが、ポーズ決めで重要なのは重心(中心線)をどこに置くかを明確にすることかと思ってます

これがはっきりしているとこのキャラクターは動いているのか止まっているのか、どこに向かっているのかが伝わります。
そのキャラの重心線の傾きに対してその子は次に何をしようとしているのか
右足を出すのか左足を上げるのか、手を振り上げるか下げるか、ポーズの説得力みたいなのが上がるのではないでしょうか。

と、思ってます、はい!
語ってますが根拠はないです(^q^)


何より重心が定まっていると安定感がでますから
全体の雰囲気がまとまりやすいです。

私が作るものに片脚立ちに近いポーズが多いのは中心線が掴みやすいからかもしれません。
自分で狙って作ったと言うよりは、しっくりきたポーズがそうなっただけですので、自然にそこにまとまったんでしょう(人事感



P9172250.jpg

こうして見ると等身が少し高い気がします
大体6.5等身になってますが、できれば6等身ぐらいに落としたいかな・・・
等身高いとお姉さん感が出てきて、それは青葉っぽくないかと

ボディの凹凸が少しきつめに見えますが表面処理するとマイルドになるので現時点ではこのままでいいです。

艤装は取り合えず基部を作っただけなのでこれからキレイにしていきます。
工作は基本プラ板です。
左足の煙突パーツが付いていませんが、取り付けてないだけで作ってはあります


DSC_3310.jpg

作り方は簡単
骨組みを組んでプラ板を貼るだけです

もっといいやり方がある気がします・・・
でもこれしか思いつかないんです・・・


DSC_3314.jpg

プラ板は0.3mmを二三回巻いてます。
骨組みの寸法をしっかりしておけばパーツの精度はそんなに悪くないです

こういう形状はデジタル造形だと楽そうですね。
三次元的な曲面はプラ材だけで作るのは少々手間です。

とはいえデジタルにはデジタルの難しさがあるんでしょうね






以下蛇足にですが




極たまに、デジタルならもっと上手くできるのかなぁ、デジタルじゃないともうクオリティに着いていけないよ

という発言を見ます


確かにデジタル造形が普及してハイクオリティなデジタル原型が多く目に止まるようになりました。

ですが多分そういう人たちはいきなりデジタルで原型作り始めてうまいとかではなく
別ジャンルの3DCG業界から3Dプリンタという技術を得てフィギュア業界に来てる方々が大多数かと思います。(根拠ないです(^q^)

そして自分の脳内にイメージするものを3DCGというツールで書き下ろして、それが出力されてるだけです。
脳内にイメージしてそれを出力するのはアナログでも一緒です。それが粘土やパテなだけで。



使用ツールが違うだけでやってることは一緒だと思います




別に3DCGだからといって人体の知識が今と同じでも上手く作れるとか、物の形状把握が甘くてもかっこよく作れるとか
こういうツールがあるからポージングがうまくなるとか、各部のバランスに苦労しないとか、そういうふうな意味合いで
デジタルならもっとうまくできるデジタルじゃなきゃダメとか言うのは少し違うのかなぁと。


多分アナログ勢がただデジタルに移行してもアナログで作たもの以上のモノは使用ツールとしての差ぐらいしか出ないのでは?



ポリパテからエポパテに変えました。
形状出しが楽になって早く出来るようになりました。面出しがしやすくなってエッジが立てやすくなりました。

これと大して変わらないのではないでしょうか



ペンタブ使ったからといって可愛い女の子書けるようにはなりませんでしたし・・・



デジタルで上手い人は脳内にしっかりしらイメージと知識を持ってるから上手い。
パテの使い方を覚えればアナログでも上手いのではないかと思ってます。




それにデジタルだからーというとなんだかデジダル派の方に失礼な気もしますし・・・



私が目にした発言がこういう意図があったかはわかりませんが、それについてしばらく考えていたので
この場で少し吐かせていただきました。もっと長々と語りたいですがまとまらないので・・・(既にまとまってないが)。
ご不快になられた方いましたら申し訳ないです。




私自身デジタル造形に興味はありますし、ソフトも環境も揃えてあります。

デジタルとアナログの強みを両立できれば、何か新しい事ができるかもしれないですし

ですがどうも毎日長時間PCで作業するというのが好きではなくて・・・性に合わないというか・・・・・・。


CbpjBYPUUAQCERGjpg large







まああれよ

みんなそれぞれ自分の好きなツールで好きなものを作れよ!
あんまり上手くやろうとか上手くなろうとか考えすぎると疲れて作るのが嫌になるぞ!!


なんか最近悟った



うん、長い
なんかすいません・・・

スポンサーサイト
  1. 2016/09/18(日) 23:18:04|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青葉作ります! -予定は未定-


九月になりましたんでぼちぼち次のWF準備を開始します

開始します、と言いながらこの土日はちょいちょい絵を書いてました

まあWFの合間にしか描かないのであまり上手ではないのですが・・・

せっかくなので載せておきます

カコSD

SD加古改二

デフォルメなら簡単にできるかなぁと思ったけどそうでもなかった系
デフォルメの難しさってありますね

バランスがちょっと、足回りとか少し違うかなって感じします

まあでも結構可愛く出来たのではないかと


先日はこれと劇場版ガルパン4度目の視聴で半日消えました

なんでほとんど原型作業はやりませんでした!

原型と違ってすぐに完成するのがいいです

たまに書くとすごく楽しいですね!!






で、今日は朝から新作の素体作りを始めたんですが前々から考えていたポーズがあまりしっくりこなくて・・・

新しいポーズを考えて一枚イメージ絵を描きました

なんで今日も作業してないです(´・ω・`)


今作はこんな感じで青葉作っていく予定です

img023_kan.jpg

まだ敵はこちらに気づいてないよー、って感じ?

手をかざして遠くを見ているイメージです

派手なアクション系のポーズを考えていたんですが青葉のイメージと合わなくて
少しマイルドな感じのポーズにしました

好奇心旺盛な青葉っぽい感じが出せているのではないでしょうか。

いままで作ってきたフィギュアとは少し方向性が違うのでどうなるか楽しみです


絵のほうはまあ私にしてはうまく描けたほうではないかと・・・




毎回恒例の設計図もあります

艤装の解釈が煮詰まらなかったので数パターン試してみてしっくりきたのを採用する予定です


Assy2.jpg

図面は原寸大で書いてるのでこれに合わせて作っていくような感じです

Assy1.jpg

これがあると安心感があります

困ったときもこれを見れば、作り始めの考え方に立ち帰れるので

Assy3.jpg


これで、作り始める準備は完了です

あとはWF当落です

WF落ちたら恐らく青葉を作ることはないでしょう・・・

一応落ちた時用にオリジナルネタも考えてます
落選してもしどこかの卓にお邪魔させてもらうことができればそっち持っていくかもしれません

トレフェスもまだ募集開始していないようですので、トレフェスに狙いを変更すこともできそうです。

まあ一番はWFに無事当選することです

水曜日には結果出るはずなので、それまで震えながら待つことにします


(´・ω・`)


  1. 2016/09/04(日) 22:13:19|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yan

Author:yan
こんにちは。
ここは管理人yanがちょこちょこ作ったものをアップすることを主にするブログです。ガンプラ・フィギュア等々を上げていく予定です。

このブログ内の文章や画像は許可無く流用・転載しないでください。大した物無いけど。一応、念のため。

※プロフィール画像の魚ヘッドは管理人がつくたものではありません!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (5)
イベント (39)
自作フィギュア (105)
ゲーム (1)
キット制作 (21)
その他 (19)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する