ししゃも包囲網

フィギュア・キット制作等々を綴っています。"ししゃも亭"としてWF等イベントにも出してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Blockhausさんの木曽改二作ります!!


前回の記事で書きましたとおり、キット制作やっていきます



今回作るのはBlockhausさん(原型制作:ログ太さん)の木曽改二

デジタル原型製作で業者抜き、時代の先端を行くガレージキットですね

そしてなによりパッケージと取説の作り込みがすごい

ご本人様曰く「某りんごマークの製品をイメージしました」だそうですが、本当に店頭に売っててもおかしくない出来です
(写真は今回とっていないのでキット完成時に紹介します)

私はWF後半年に一回は買ったキットを組んでますがデジタル原型のキットを組むのは初めて

そう言う意味でも作る前から色々楽しみでワクワクですが、ウキウキで作っていこうと、思います!!






P7251771.jpg

取り合えず今回は軸うちと仮組みだけするのが目標なのでパーツを適当にゲート処理


さすがの抜きですね
一番大きかったバリはマントのこれだけ。

ババーっとカンナがけしてペーパーで処理します

肩付近はぴっちりシワが入っていて、足元に近づくに連れてなだらかなシワになっててとても綺麗なマント

マントって作るとすごいむずいんだぜ


P7251774.jpg

髪。とても薄く作られています。
断面形状が鈍角三角形になってる感じ
これをアナログでこの細かさで作るのは結構手間ですが、デジタルなら難しくはないのでしょうか。

あと表面処理がとてもいい。
3D出力の体積痕は隅っこまで見回しても全くないです。

最初っからこんな綺麗なはずないですよね?
うち会社の3Dプリンタは600万ぐらいの割と安物の製品ですが、結構出ますからね堆積痕
まあそれを仕事としている業者さんが使うものはもっと高性能なんでしょうが


ここもほぼバリや気泡はないのでササーっとカンナがけしてペーパーで整え

P7251778.jpg

頭の分割は左右の後頭部を組んでから頭頂に差し込む形
頭頂部の差し込み口が一つ、そこに左右の後頭部を差し込む形なので、頭がズレて組み付くという事態は起こりにくいです

左右の後頭部の合せがガタガタだと阿鼻叫喚になりますが、そんなことはなくびっちり組み付きます。

軸は打ちにくいのでダボ穴あわせだけで固定します。


髪の毛の裏がキレイ羨ましい
アナログ勢の髪の毛裏は自分に限らずみんな結構ボコボコだったり(´・ω・`)


P7251781.jpg

帽子の分割面もすごいですね・・・
綺麗に髪の毛にフィットできます。

ただ固定に安定性があまり良くないのであとで軸打ちをしようと思います



P7251782.jpg

被せるとこんな感じ
かわE

整った顔が作れるのは羨ましいですねー
超手癖マンの私はキャラ絵に似せるのがすごく苦手・・・というかできないヽ(´Д`;)ノ



P7251785.jpg

斜め横から
かっこE


P7251787.jpg

スカートと下半身
こちらは割とシンプルな作りで組みやすいです

ここの分割面も独特だなぁと
多面でフィットするので、しっかり嵌りつつも若干融通が利くので複製誤差があっても誤魔化せる感じですか
とはいっても複製誤差はほとんどないキットでした

フィット感は素晴らしいです

P7251789.jpg

上半身と下半身の差込部は少しガタつきが大きかったので軸をがっちり入れて固定
下半身側が一回り小さめになっていたので組みやすいように意図的に緩めに作られたのかもしれないですね

服の隙間は普通に作ってても若干の逆テーパになってしまうこともありますし



P7251793.jpg

足はパーツ分割が多めでした。
下半身、腿装甲、膝、ブーツ裾、ブーツ装飾、足首の6パーツにわかれてます。

木曽は白黒迷彩の塗装が入るのでパーツ分割多めの方が、塗装時に楽そうです。

注意しなければいけないのがパーツ分割が多い分、接続時にパーツの芯ずれを起こして全体のバランスを崩すこと。
芯ズレしたまま繋ぐと全体を組み上げた時に前後傾したりパーツが蛇行してしまいます。

なので一本の軸に複数パーツまとめて軸打ちできるようにします。
・下半身パーツから腿装甲パーツをを貫通させて膝まで軸打ち
・膝パーツからブーツの裾パーツを貫通させて足首まで接続

使用する軸を少なめに、直線的に軸打ちできる箇所をまとめてやれば、新ズレリスクを減らせます


P7251794.jpg

ぼくもこんな形状のパーツを綺麗に抜きたいです!!

これはブーツの装飾部です。

いーなーいーなーきれいにぬけていーなー(´;ω;`)



P7251796.jpg

手は少し埋まっていたので掘り起こして整形
まあ装着すれば平側はあまり見えないので適当に


丸まってる形状の手は中子を使えば綺麗に抜くことができます。
流石に業者さんに頼むとお高くつきそうですが・・・



P7251798.jpg

腰の装飾ベルト
ここにポーチと弾丸の束がつきますが細かいのでまだ付けてません

二つのベルトを同一のダボ穴に差し込んで固定する形
ベルトが重なっている部分にポーチが付くので、ちょうどベルトどうしの分割部が隠れるようになります

2パーツを同一のダボ穴に差し込む場合、凸側の整形を2パーツのバランスを見ながらやらないと差し込んだ時に
ガタガタになったり不要な隙間が出来たりしてしまいます。
小さいパーツなので軸打ちせずダボフィットで固定したいところ

厚み調整しながら頑張って整形します


P7251803.jpg

で、仮組と
写真を途中までしか撮ってなかったので、マントの接続とか端折ります。

上半身の設置方法としては腕をつけてからマントかぶして首を差し込む感じ。
マントの凸ダボが少し凹穴とズレ気味だったので少々削り込んだ以外は特に問題なく組みあがります


背中の艤装はないので軽装版といった感じですが、かっこよさは木曽改二そのものですな(゚∀゚)
小さい装飾品はまだつけてないので、ここからもう少し情報量が増えます



P7251807.jpg

凛々しい

気になる塗装は白黒迷彩が少し厄介です
自分戦車模型とかでも迷彩塗装やったことないので、どうすればいいか困ってます

ぼんやりとした迷彩塗分けじゃなくハッキリとした塗り分けが必要なのでマスキング必須ですが
テープじゃあできないし、ゾルを使うのが正解なのか・・・?
そもそも迷彩パターンの作り方がわからん・・・

P7251808.jpg

どこから見てもカッコいいです
横からでもマントのおかげでボリューミーに見えますね

原型製作者のログ太さんはMMDモデルの製作者さんでそれを元にこの作品を作られたようです
元になったと思われる木曽のモデル見ると背面艤装が付いているモデルがあります
これは次のWFあたりでフル装備木曽改二、あるんじゃないでしょうか。

勝手に期待しておりまする・・・(^O^)

P7251805_201607302239386bb.jpg


スケール的には1/7ぐらいでしょうか
私は1/8で作ってますので、前回の記事で並べた加古改二と比べると少し大きいです。
もしかしたらこちらの木曽改二が1/8、で私のは作ってるうちに縮んだかもしれません(作ってると勝手に小さくなっていくので・・・)


取り合えずゲート処理と軸打ちだけしたのでPLの処理とかをやって塗装に移ります
完成が楽しみです

塗装は今週末の土日あたりから初めるので8月二週目中には完了するかなと思ってます


それまでは自分の加古改二と並行して制作を進めていきます。


がんばりまーすヽ(・∀・)ノ




前々回の記事で励ましのコメントくださった方、ありがとうございました。
ちょっとダークサイドへ落ちかけていたのでネガティブな記事になってしまい、ご心配ありがとうございます。
今後も頑張りますのでよろしくお願いいたします(*´ω`*)



ちょっと長くなりましたが、




スポンサーサイト
  1. 2016/07/30(土) 23:09:27|
  2. キット制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キット作ります

予告記事みたいな感じで手短に

Blockhausさんの木曽改二作ります!


P7251802.jpg


P7251805.jpg


これで手元にUGUME艦改二勢が全て揃うことになりますね

P7261867.jpg

三枚の神のカードを手に入れ真のデュエリストキングとなるのだ!!(社長なみかん

昂る・・・昂るぞ・・・!



制作記録やレビュー?みたいなのは後日記事にします

よろしくですヽ(・∀・)ノ

  1. 2016/07/26(火) 23:31:24|
  2. キット制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリジナル作品  ”戦う機械整備士さん れん子”


先日のWF2016sで展示していたオリジナル作品”戦う機械整備士さん れん子”の写真載せときます
折角なので。

加古改二の版権不許諾が決まってから突貫工事で製作しました

キャラデザと世界観考察で半日

製作期間は約13日です


時間がなかった割にはそこそこ作れたと思います。
とは言え造形としては詰が甘々ですし、武器は表面処理すらしてないです。

まあなんとか展示できる状態まで持って行けて良かったです



写真は下





※以下妄想垂れ流し注意!!気持ち悪くなったらブラウザバック推奨!!






P7231680.jpg


キャラ設定は色々考えてありますが妄想を垂れ流すと長いのでざっくり概要をば


世界観的には数百年後の世界で人と機械、まあアンドロイドみたいなのとかが混在してる世界です
(この場合アンドロイドというのは人型で自立思考機能があるものを指す)

その世界のとある街で機械整備として暮らしている”れん子”がなんやかんやで街や国をめぐる争いに巻き込まれていく


と言うようなシナリオですね

枯れ始めたと思っていた中二マインドを振り絞って考えました。

妄想楽しいです(^q^)

P7231733.jpg

整備士といっても世界観的に機械やらアンドロイドやら混在してるので、人間以外のものならなんでも見てくれる
そんな役割を持っているようです

なので機会を使う人間にとっても重要ですし、アンドロイドたちにとっては医者のような存在です



やべえ、自分で書いててきもい(´・ω・`)・・・



ちなみに今回は軽装Verですね
キャラデザとしてはしっかり作業着を着込んで、それなりに細々した道具を持たせたりすることを考えてました。

靴はもちろん安全靴です。

腿に巻いてある布は手汗拭き用です

腕には保護具的な役割で長い手袋(ゴミ収集屋さんが着けてるような奴)を装備
左右で長さが違うのは趣味です


P7231669.jpg

この職業は人間にもアンドロイドにも頼りにされる存在なので、機械と人間同士の揉め事がおきれば仲裁に入ったり
荒事の処理をしたりと、多少ではありますがいつの間にか戦闘力が求められるような職へとなっていったのです。
(ちょっと無理やりすぎる気もしますが)

そういう事で彼女も武器を持って暴れまわる事が有り、その相棒が手に持っている大型レンチです。




まあ武器は時間がなくてつくり込めなかったのでガワだけしか整えてないです。
本当はもう少しデテールあります。

いつもならプラ板堆積で武器類を作りますが、切り出しに時間がかかるためスチレンボードでカサ増ししました。
スチレンボードの周りにプラ板で囲ったような感じですね。

作業性は良かったです
問題点は穴あけ加工をするとスチレンボードが出てくるので、モールド堀や穴あけはほぼ不可能という点です。

どんまい

P7231675.jpg

武器は”ダイナモパイプレンチ”というもので開口部の駆動を高出力のモーターで制御し掴んだものを圧壊する武器。
もちろん鈍器としても優秀で殴り合いも可能です。
(まあダイナモとモーターは別物ですがモーターレンチだと響き悪いのでダイナモにしました。
ダ、ダイナモローラーのパクリなんかじゃないんだから!!あとモーターレンチは実在するの使いたくなかった。あと強そう)



今回はいままであまり作り込みができなかった脇とか膝とかに少し力を入れてみました

フェチズムあふれる造形というのは難しいですね・・・

もっと色気のある造形をしたい

P7231666.jpg


高出力の動力を駆動するのでエネルギー切れも起きます。そんなときは鈍器としてつかいましょう。
また重量もかなりあるので取り回しの難しい武器です。

そんな武器を担いで大暴れする女の子です。整備よりも壊すほうが得意。



名前の由来はレンチ使うかられん子です。
キャラより先に武器考えてたので・・・。

P7231702.jpg

この世界には、人間が統治する国とアンドロイドが統治する国があって、数百年にわたり小競り合いを繰り返しています。
世界は人が治めるべきか、新たな秩序として機械がアンドロイドが統治するかの不毛な争いです。

そんな中で長い戦いで戦地となった場所で暮らしていた人とアンドロイドがひっそりと暮らす街があって
それがれん子たちが住んでいる街です。比較的平和でした。
整備士という職業もアンドロイドと人が一緒に暮らすという境遇から生まれた独特の職風です。



これはかつてなく恥ずかしい記事になること間違いなし(´Д` )
明日には消えてるかもしれません・・・



造形としてはもう少し体の凹凸を落としたほうがいいと思ってます。
バババっと作ったので手癖が思いっきり出てます・・・

何作っても最初はこうなるのでね・・・まあこれはこれで私らしい造形かもしれません


P7231698.jpg

長いあいだ戦いを続けているので当然武器が必要になり、世界には数社の有力武器会社ができました。
そんな国同士の争いと、企業間との駆け引きとに巻き込まれながら、れん子たちは段々と戦いに身を投じていくことになる・・・


なんかアーマードコアっぽい設定になってる気がしなくもないですが、そんなシナリオを半日ボケーっと考えてました
その結果がこのキャラですね。


設定的には面白いと思うんですが(既に似たような設定の話があるかもしれません)別にシリーズを展開する気は全くないです。
キャラもあと2,3人は考えてあるんですけど・・・




いや~圧倒的黒歴史が爆誕しましたね




まあ何はともあれですね、WFでそれなりに頑張ってくれました!
何も無いよりは新ネタがあったほうがいいですからね!!!

機会があればまたどんどん改修してパワーアップさせていきたいと思ってます。
しばらくは無いと思いますけど、、、




この記事というかキャラ設定はあとで消すかもしれません・・・・臭いので・・・
007_00648_05.jpg




次回以降は買ったキットの組立とか、加古改二の作成を記事にしようと思ってます



・・・なんか延々と妄想垂れ流してすいませんでしたorz
  1. 2016/07/25(月) 23:27:17|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WF2016sお疲れ様でした

WF2016s無事終了しました

参加された皆様、お疲れ様でした



当ブース”ししゃも亭”は販売物がなかったにも関わらずたくさんの方々にお越しいただきました

本当に感謝しています



今日はどうしようか、何して一日過ごそうかと悩んで、とてもテンション低かったのですが
想像以上のお客さん(?)で、、、ねえ、、、、ありがたいの一言です

何人かの方々とは色々お話させていただきました
楽しかったです、ありがとうございました

また写真を撮っていただいた方、お立ち寄りいただいた方、重ね重ねになりますが、ありがとうございます圧倒的感謝


次回のWFも当選することができれば参加する予定なので、よろしくお願いいたします。








WFが終わって早々ですが、結構へこんでます
今回は売り物もなかったので比較的早く買い物をすることができ大手Dさんの作品をいくつか買うことができました

やっぱりキットのクオリティが尋常じゃなくて、自分も少しは上達してきたかと思ってましたが、遠く及ばないですね

もちろんワンフェスはただ上手ければいい物ではないと思ってます

製作者の発想や想像力、作りたい物への熱意、等々それらは上手い下手に限らず素晴らしいものです
完売したしない、何個売れたか、というのも些細な事です
製作者にもそれぞれに目標や目的があって活動します
各々が作りたいものを作りたいように作って、展示公開する場所です


私も私なりの考え方や目標があってガレキを作ってます


ただ、考え方や目指している作風が違ってもそれを言い訳にできないほどに圧倒的に違うんです
造形、抜き、丁寧さ、商品の梱包、等々何をどうやったらここまで出来るんでしょうか

もしかしたら中身はプロの方かもしれませんし、時間をたくさん使える余裕のある方かもしれません

そうだったとしても何とか上手い人の足元に食らいつきたいと思ってました



でも今日買ったキットを見て正直そんなレベルじゃないと思いました



まあそんな感じで色々悩んでます

明日からは買ったキットの作成と加古改二の作成を進めていく予定ですが
同時に買ったキットと自分のキットをちょいちょい考察していこうかと考えてます


更新頻度はどの程度になるかわかりませんが、可能な範囲で何か記事にできたらなと思います


また頑張っていきますのでよろしくお願いします



正直販売物がなかった事が精神的ダメージでかい
(´ω`)



文字ばかりで申し訳ない
  1. 2016/07/24(日) 22:42:00|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

WF2016Sについて


いよいよWF2016Sが明後日に迫ってきました

一応お品書きというか、告知記事を




WF2016Sの「ししゃも亭」の卓番は8-24-12です

新作の加古改二が版権不許諾となったためキットの販売はありません。

なので今回はWF2016Wで出展した古鷹改二の展示とオリジナル作品の原型展示になります

加古改二については展示もありませんのでご注意ください。

うっかり卓に来ても買えるものはありません。


○展示物
 ①古鷹改二
RIMG2369jjj.jpg
  少々破損してたけどなんとか修復してます
  酷使してすまんがもう少し頑張っておくれ・・・
  写真は過去のもの



 ②オリジナル作品 原型展示
 戦う機械整備士さん れんこ

P7211597jjj.jpg

 キャラデザ半日、製作期間2週間弱という突貫作品
 自分の作業速度としてはここまで形になれば頑張った方
 ぶっちゃけ詰めきれてない、時間ない

 現在も製作中なのでなんとか飾れる状態にしたいです


 一応、世界観とかキャラ設定、シナリオとかそれなりに考えてます
 やろうと思えばシリーズ展開できるぐらいだと思うけどやりませんし、やらざるおえない状況にならないで欲しい・・・


○展示販売なし
 加古改二
P6261290mmm.jpg
 悲しみの作品
 迂闊なことをしなければ・・・

 今後も販売はないと前回の記事で書きましたが、なんとか改修して申請だけはやってみようと思ってます。
 箱の中で眠らせておくために作ったんじゃないぞ、お前を。
 (GBFのフェリーニさんが似たようなこと言ってました)

作業はテストショットまで進めてたのでそれら使って完成品は作る予定です
もちろんイベントでの展示販売はありませんが、ブログやツイッターに乗せると思います





以上のようになります

なので卓は展示のみです

お時間あるときにでも見に来ていただけると嬉しいです

卓にしょんぼりした男がいたら私ですのでお気軽にお声がけください



オリジナル原型については明日あたりにまた記事を書こうと思います。
成行きで作ったとは言えそれなりに自分のやりたいことをトライできたので結果として悪くはなかったと思います。

むしろいい機会だった。加古は展示販売したかったけど・・・


ワンフェス参加される方、一般ディーラー問わず熱中症や思わぬ事故にお気をつけください


当日もよろしくお願いいたします

  1. 2016/07/22(金) 20:10:41|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加古改二作ります! その8 -轟沈 - 


hukyodaku.jpg




J3M3I.png


やりました!やったんですよ!必死に!その結果がこれなんですよ!
修正支持を受けて、写真を提出して、今はこうして不許諾を受けている。
これ以上何をどうしろって言うんです?WF当日に何してろって言うんですか!




あの、全て私が悪いので、本当に申し訳ないです

Twitterで先に告知しましたが申請不許諾になったので加古改二の展示と販売はありません

楽しみしにしてくださった方いましたら、本当にすみません


修正後の写真を提出しましたが結果NGと・・・

もう終わったものなので問題の写真を貼ります


Befor
P6261368.jpg

問題になったのは股の部分です。
猥褻であると。
こちらはスジをくっきり入れてしまっているので、あまり良くなかったと


After
P6291387.jpg

いけると思ったんですがね!
肉感的な部分を修正し、下着のシワ的な表現に変更
結果、生々しいと。





ツイッターにこの写真を上げなければ済んだのかもしれません。

ただ根本的な原因は、私がこういう物を作ってしまったということです。
修正指示後の改修も自分が許せる範囲で改修を行った結果です。

悔いがないわけではありませんが、自業自得なのでしょうがないです。







とは言え、作ったものを世に出せないのは悔しいですね!
型取りまでは終わっていたので、自分用に塗装完成品は作りたいと思ってます。

もし完成したら写真を載せようと思います!!



また、今作の加古改二は次回WF以降も恐らく出すことが出来ません。

版元様に一度目をつけられてる上に、パッと見えない箇所での不手際を起こしてますので
既にこの作品及び私の信用度はゼロです。

まあ多少の改修ごときでは普通に版権は降りないでしょう。

諦めてます



本当にすみませんでした。
版元様にもご迷惑おけ返して申し訳ありませんでした。






ほかの艦これキャラは許諾して貰えるかなぁ・・・
青葉か衣笠あたり作ろうと思ってたんですけども・・・どうなるか。





それは取り合えず今回のWF終わってから考えます。
WF自体落選することもありますし。


一応、今回のWFで出し物がないのが確定しましたが、新作がひとつもないのはもったいないので
急ごしらえですがオリジナル作品の原型展示をしようと思ってます

あと2週間あるので、原型展示ぐらいなら出来るかと思います。


そちらの作品についてもし興味があればTwitterの方に製作過程を上げていきますので
それを見ていただければと思います

Twitter:@yan_gippa




本当に申し訳ありません。

また次回作にご期待下さい・・・


はぁ・・・





  1. 2016/07/10(日) 22:25:11|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

加古改二作ります! その7 -原型完成してますが- 

WFもあと3週間になりました

原型も無事完成してます







アクシデントがありまして版権申請の結果が出揃ってません・・・





何があったのか







艦これの版権が多方出揃ったのが6/28(火)

私はその二日前の6/26にTwitterにほぼ完成原型の写真をアップロードしました。

その写真が問題となりまして、原型の修正指示を受けてしまいました・・・


指摘受けた画像なので公開は控えますが、どんな写真かというと、スカート内部の写真です。


調子乗ってそれを撮影したら、股を作りこみ過ぎだと言われてしまいですね・・・

まあ確かに結構わかるように溝を入れていたので、やりすぎたかなと、反省してます

猥褻な表現にならないよう修正しろとのことでしたので、しっかり埋めて修正後の写真を提出しました。

そして只今回答待ち、という状況です


作ってる時はつい楽しくてやってしまうんですが、いざ文面で指摘されてそれをツイッターで拡散していると考えると

すごく恥ずかしいです。

bbb.jpg

bumerann.jpg

しかも完全にブーメラン



ただTwitter見られてるとは思いませんでした(´Д`)

恐らくたまたま#艦これで検索して出てきた、みたいな感じなんでしょうが、不意打ちでした

まあ私が適切ではない表現をしていたのは事実なので、反省してます、はい・・・

修正はしましたがこれで不許諾食らってもただの自業自得です

しょうがないです




本当に恥ずかしい





まあ冒頭で書きましたが原型は完成しているので写真を載せておこうと思います

P6261290.jpg

カメラを変えたので黒背景だとうまく撮れないみたいで、ちょっとピントが合ってないかもしれませんが

表面処理をしただけなので外観は変わりません

全身グレーになったので形は見やすくなりましたかね

完成してみると色々反省点はありますが、それはWF終わってからじっくり考えて煮詰めたいと思います。


前の記事で書いていた自分の作品には何か足りない気がする、ということについては自分なりに結論が出ました。

次回作は今までと違ったモノができるかもしれません。
作る身としても今から楽しみです


P6261305.jpg

動きのあるポーズを取らせるとどこから見てもカッコイイというのは難しいですね・・・


撮影場所の背景が丸見え
トリミング編集めんどかったのですみません


鎖もキットに付属します


P6261298.jpg

左から


P6261268.jpg

後ろから

P6261307.jpg

上半身及び顔



ちょっと全体的に時間押し気味だったので整形とか表面処理ががもうひと押しかなというところが
ありそうな気がしなくもないですが、それなりの出来になったのではないでしょうか。

今回は口を大きく開ける表情をしているので、顔がすごい難しかったです
それっぽくまとめているとは思いますが、もっとうまいやり方があったかもしれません

あとは塗装を頑張って、カッコ可愛い加古ちゃんを作ってあげたいですね(´∀`)



とは言ってもまだ修正支持の結果は来てないのでどうなるかはわかりません。
出せない可能性も大いにあります


その場合はどうしましょうかね。出し物ないよ・・・。

サクサクっとオリジナルで原型展示とかできるかなぁ
オリジナルのネタはないけど。誰かください。



どんな結果が来ても悪いのは自分です



まあ取り合えず今できることは


何卒許諾をお願い致します!!

と祈ることのみ




  1. 2016/07/03(日) 21:49:22|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

yan

Author:yan
こんにちは。
ここは管理人yanがちょこちょこ作ったものをアップすることを主にするブログです。ガンプラ・フィギュア等々を上げていく予定です。

このブログ内の文章や画像は許可無く流用・転載しないでください。大した物無いけど。一応、念のため。

※プロフィール画像の魚ヘッドは管理人がつくたものではありません!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (5)
イベント (39)
自作フィギュア (106)
ゲーム (1)
キット制作 (21)
その他 (19)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。