ししゃも包囲網

フィギュア・キット制作等々を綴っています。"ししゃも亭"としてWF等イベントにも出してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

加古改二作ります! その4


リプライ、メッセージ頂いている事に全く気付かずスルーしてしまうことが最近多くて・・・
申し訳ないです

前々回の記事にもコメント頂いてましたので最後に返信させていただきます



特にリプに気づいたのが貰ってから1日後とかだとどう対応するか、本当に悩みます・・・

いいね!って便利ですよね






前回までの進捗からかなり飛びますが艤装の仮付けまで進んでます。
途中の写真を全然撮ってないので、そこはドンマイとして現状は以下のような感じです。



P4170625.jpg

全体のアタリを見たいので大きなパーツをすべて装着

ボリュームは十分です

全問のバランスとしてはここから砲身やリボン、髪の毛等の散らし方を考えて修正していきます。
あとパッと見た感じ頭がでかいので髪の毛の横幅を削り込んだり、膝以下が少し細いので太めに直したり
体のボリュームも見直したほうがいいかもしれないですね。

手直しする際はリボンの動きが髪の毛と同じラインを取らないように注意したいです

P4170632.jpg

左腕艤装の角度をもう少し手前に持っていきたいんですが固定の都合上難しそう
できれば甲板上面が少し前を向くぐらいに傾けたいんですけども・・・


上着やスカートの動きはこれで良さそうですが、シワの入れ方を少し研究しようかと思ってます。
前作がかなり単調なシワになってしまったので服の質感がわかるようなシワを考えます。


あと脚のラインに色気が足りないですね



P4170639.jpg

艤装をつけたといってもデテールは何もないただの箱が付いているだけの状態です
とはいえ全体のボリュームや雰囲気がわからないと修正もクソもないのでまずはここからです

左腕甲板の長さを少し増やしたほうがよさそう


そして今回は艤装の固定にネジ止めを採用しました
ネジ止めをするガレージキットって中々無いんじゃないですか?

古鷹の時から考えてはいましたがやっと実行できました。

組立難易度は高いですが驚異の保持力を発揮してくれます。
艤装部分を持って振り回してもパーツは外れないしズレません。
さすがネジ。

最終的にこれが良いか悪いかはわかりませんが、自分的には今作の目玉ポイントのひとつです

P4170646.jpg

横から見ると情けないのは毎回のこと
あんまり横からの見た目は重視してないですし、アクション取らせるとすべての視点からカッコイイというのは難しいのかなと・・・
まあ単純に技量不足なだけですが・・・

据付の問題もありますがもうちょっとだけ体全体を前傾気味にしたいです。

あと髪の毛とリボンが平行にラインをとっているが気に食わないですね
それにプラスして頭からリボン、髪の毛でまっすぐな面を形成してるようにも見えます

よろしくない

部位的なものを見れば髪の毛束ねてるいちがもう少し下で


P4170647.jpg

うー、リボンと髪の毛ぇ

魚雷はかなり大きめに作りました。
少しオーバースケール感ありますが、下半身の装備が貧相なのでこれぐらいでいいかと。
左腕艤装のボリュームとバランスが取れる大きさにしたいので。

左膝から足の流れもこの角度から見ると少し変な気がします。
膝とつま先の向きの関係性が合ってないかな・・・?


そしていま気がついた、アホ毛がない
作らねば


P4170684.jpg

先程も書きましたが甲板の長さが足りてないです


煙突と背中の隙間も詰めたいのが本音ですが、パーツ干渉等もあるので隙間は広めに取らなければなりません

自分の脳内設定では艤装と身体はリジットに固定せれているわけではなく、ある程度可動性のあるように作られてます。
艤装各所にサスペンションやシリンダー、駆動軸等があり、艦むすの動きに合わせてバランスをとったり衝撃を緩和してくれます。
煙突が加古の体に対してやや後傾気味なのは、艤装が加古の動きに合わせた結果、煙突が後傾してしてるという訳です。
恐らくこのポーズになる直前まで前進気味の動きをしていたのでしょう。

どうやって艤装が制御されるのか、シリンダや駆動部は何で動くのか・・・
それは妖精さんの力です


P4170661.jpg

上から

古鷹はシルエットが横に広かったですが今回はあんまり広がりがないですね・・・
密集はしてるけどまとまりがあるかといえば、まとまってない。


上からはあまり気にする点ではないですが、バランス見る時に結構役に立つイメージ
役に立つのか?


P4170665.jpg

ちょいと拡大

顔と髪の毛を早く綺麗に作り直してあげたいです。
加古ちゃんは表情が少々マジキチフェイスになっても違和感ないのでしっかり作りこみたいと思ってます。

なんだかんだフィギュアは顔ですから・・・

作るのは難しいですけどここが上手くできれば残りは多少雑でも・・・(ぇ



P4170680.jpg

後ろから少し覗き込めば尻見えるようになってます
抜かりなし





ここから所々改修したり形を整えたりデテール入れたりしていきます。
ただ全体のバランスは思ったより良かったので大規模な改修は必要なさそうです。

版権本申請には余裕で間に合いそうなペースです
まあここからの作業が本番といっても過言ではないので慢心は禁物ですね

まずは改修点をしっかり抽出してから、ボチボチやっていこうと思います







私が気がつかず、しばらく前の記事になってしまったので以下でコメント返信させて頂きます

> 駆逐艦梨 さん
Twitterでお世話になってます
ブログも見ていただいありがとうございます。
そういう風に言っていただけるととても嬉しいです(´▽`)
ただ今作も積みガレキ勢向けの作品になることはほぼ間違いないのでご購入は重々検討の上お願いします(´・ω・`)
取り合えず私は完成させるように頑張ります・・・



コメントありがとうございました!
これからもよろしくお願いしますヽ(・∀・)ノ


スポンサーサイト
  1. 2016/04/17(日) 22:46:29|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加古改二作ります! その3 -パーツ分割の方法とか-


4月の頭から休日の3日間、怒涛のねんど会ラッシュでした。
造形をやられてる方々とお話をする機会は日常ではなかなかないのでとても楽しかったです。

とは言え基本的に初対面の方々とお話するのでやはり緊張します。







今回はパーツ分割の方法をまとめてみようかなぁと。
HowTo的な記事を一回やってみたかったのでやります。



個人的にはフィギュア作り最初の技術の壁がパーツ分割ではないかと。


”ダボの位置をうまく合わせて作れない”
”分割したら動の長さがのびた”
”ちゃんとケガキを入れて切断したのに元通りにつかない、角度が変わってしまった”

あると思います。

今回紹介する方法は比較的ポーズのズレやプロポージションの変化が起こりにくいと思われる方法です(当社比
もしかしたら市販のハウツー本に載ってるかもしれませんが、今回自分の作品を題材に紹介するので、まあまあまあという事で。






①パーツ分割するラインを決める

P3260461.jpg

分割する部分を決めます。
決まったらマジックで適当に分割線を書きます。
この線に合わせて切断します。

今回は服の切れ目で分割する予定なので上半身を2分割と首元、腕にラインを入れます




②形合わせ用のガイドを作る

P3260465 - コピー

切断したあと元の形に戻せるようにガイドを作ります。
切断後、ガイドに原型をはめ込んで接続、という流れですね。

①で入れた分割ラインを跨ぐようにエポパテを張り付けます。
ガイドは外すので必ず離型剤(ワセリンとか)を塗ってからパテを貼り付けてください。

あまり硬いパテを使うとガイドを外す際に砕けてしまうことがあるので硬化後もそれなりに柔らかいパテがいいです。
自分はMr造形用のエポパ超軽量タイプPR0-L(オレンジ色のパッケージ)をいつも使ってます。





③ガイドに位置決めピン用の穴を開ける
P3260468 - コピー

ガイドを作るという手法はハウツー本にも乗ってます。
ただ原型の形状によってはガイドが上手くフィットせず分割面が少しズレてしまうことがあります。

自分の場合ガイドが全く役に立たず分割後にまたポーズを直す、ということが何度もありました・・・。


なのでガイドの位置を原型に固定できるようにガイドごと原型に穴を開けます。

ガイドを原型から外す前にガイドを貫通して原型に穴を開けます。
この時分割ラインに被るように穴を開けないように注意してください。
また、後ほど穴にアルミ線等を通して固定するのでそれに合わせた大きさの穴を開けてください


今回は2mmのアルミ線を使うので同径のドリルで穴を開けました

P3260469 - コピー

ガイドの4隅にピン穴を開けておけば安心だと思います。




④ガイドを外す

P3260470.jpg

P3260471 - コピー

ガイドを外します。
外した際にピン穴が十分な深さがあるか確認します。

深さが足りない場合は穴を拡大しないように気をつけながらドリルで掘ります。

P3260473.jpg

所詮は位置決め用の穴なので原型面に対して穴が直角平行である必要はないです。
適当に空いていればOK

P3260477.jpg




⑤切断する
P3260480.jpg

①で引いたラインに合わせて切断します。

プロポージョンのズレを少なくするために薄い刃で慎重に切断したりする必要はありません。
ガイドにピン穴があいているのでそこで縦の位置関係はガッチリ固定されます。

クラフトノコでバッサリ切ってしまいます。

とはいえ切断面は綺麗な方がダボ穴が作りやすいです。





⑥ダボ穴と凸部を作る

P3260483.jpg


オス側はこんな感じでダボを作ります。
メス側は写真を撮り忘れてしまったんですが、オス側がスッポリ入るぐらいの穴を適当にあけます


bunnkatu.jpg


オス側を基準にパテムニュしてメス穴を作るのでメス側の穴は深さがあれば穴の形状を整える必要はないです。





⑦パテムニュしてガイドで固定する

P3260486.jpg

オス側にワセリンを塗って離型します。
メス側は穴にパテを詰め込みます。

オスとメスをガイドに沿って固定します。
そしてガイドと原型に貫通させた穴にアルミ棒を差し込んでガイドと原型の位置関係を固定します。

メス側に盛ったパテが少ないとパーツ館に隙間が出来てしまうので、メス側のパテは多めに盛ってOKです

P3260488.jpg

なんとなーくニュアンス伝わりますかね・・・

ガイドで前後左右の関係を固定、ピンで縦の位置関係を固定する、そんなイメージです。
ピンがないとガイドがあっても硬化中に自重で分割部から曲がったりとか、ね・・・

自分はこの方法に行き着くまでに結構失敗したんですけど、、他の方はガイドだけで上手く出来てるんでしょうか?
もしかしたらガイドのつくり方やパテの素材次第かもしれないですね・・・




⑧外す
P3260492.jpg

パテがある程度固まったらパーツを取り外します。
あんんまり硬くなりすぎると外れにくくなるので半硬化ぐらいがいいです。

オスの形状に合わせてダボ穴が出来ていますね

P3260493.jpg

パーツの合いも問題なさそうです。


P3260496.jpg

まあ細かいところはめんどくさいので結局ケガキのみで済ませたりしますけども・・・
体や足は全体のバランスに大きく関わりますが腕や首元は修正が容易であったり、服を着せたあとのほうが
修正しやすい、バランスを見やすいというのもあるので今回は適当に済ませました。

最後は適当という台無し感




自分は元々ガイドだけでやっていたんですが、どう見ても分割後でバランスが崩れてることが多くて結構悩みました。
今回の方法を考えてからは分割のせいでバランスが崩れることはなくなったのでそれなりに効果はあると思います。

他で同じ方法を紹介されているかもしれませんが、もしよければ試してみてください。

適当すぎて参考にならなかったらすみません。
まあ出来なかったらドンマイ!次があるよ!






書いてみて改めて感じました、こういう紹介記事書くのは大変ですね・・・。
途中で集中力が尽きました。
いつも以上に日本語が不自由かもしれませんがご勘弁ください。

ハウツーブログとかHPとかやってる方凄いなぁ・・・
では・・・
  1. 2016/04/10(日) 22:39:46|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yan

Author:yan
こんにちは。
ここは管理人yanがちょこちょこ作ったものをアップすることを主にするブログです。ガンプラ・フィギュア等々を上げていく予定です。

このブログ内の文章や画像は許可無く流用・転載しないでください。大した物無いけど。一応、念のため。

※プロフィール画像の魚ヘッドは管理人がつくたものではありません!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (5)
イベント (39)
自作フィギュア (106)
ゲーム (1)
キット制作 (21)
その他 (19)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。