ししゃも包囲網

フィギュア・キット制作等々を綴っています。"ししゃも亭"としてWF等イベントにも出してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古鷹改二作ります! その1@設計図編


夏休みがあと1日となり絶望に浸っています。

休み中にしたことは

・Wfの後片付け
・1/700古鷹 作成
・鳳翔さん組立塗装
・次のWF計画

という感じでひたすら趣味まみれな夏休みを過ごしました。

遊びに行こうぜ!みたいな話もありましたが、あまり興味の沸かない内容だったので丁重にお断り。
こんなことをしていると友達は減っていきます。

まあ自分的にはやりたいことがある程度できているので充実した夏休みだったのではないかと思います。



取りあえず次のWFの準備、ということで設計図と完成イメージ図ガッツリ作りました。

記事のタイトルにもありますが「艦隊これくしょん -艦これ-」より古鷹改二、作っていきます。


毎度のになりますが私は絵が下手くそなのでそこは察してください
あくまでイメージ、完成系を頭にイメージすることが大事

EPSON004.jpg

まあこんな感じでいきます。

左脚の向きなんかおかしくね?って感じですが私の画力が足りないのと、気がついたときには魚雷の書き込みを始めていたので
もう後戻りができなくなってしまったというのが理由で修正できません。

絵なんて半年に一回設計図のために書くだけでですからね・・・
でも前より少しうまくなった気がします。


本当はもっと大きなポーズを取らせたかったのですがいくつか問題があって

 ・右腕の艤装により腕の可動範囲が大きく制限される
 ・下手に右腕動かすと偽装で顔が見えなくなる
 ・上の条件を満たすアクションポーズを取ろうとすると先駆者様の古鷹とポーズがかぶる
 ・片足を大きく上げたアクションってなんか自分の中でマンネリ化してない?
 ・etc・・・

と言う感じで良いポーズが出なかったので割と普通の立ちポーズにしました。

艤装が悪いよー艤装がー


実際絵と立体では印象が大きく変わるので、この画力低いイメージ図よりもっとポジティブな作品になると思います。
(思っているだけです)

設計図まとめ

これは寸法とディティールをまだ入れてない状態ですが艤装周りは原寸大の設計図を書いています。

実際この通りに作れるわけではないのでこの図面を基にしながら作成開始して
状況に応じて手を加えていくという流れです。

寸法、ディティール、分割、等々も原紙をコピーしてそれぞれ記入して準備して行きます


艤装については自分なりに結構考察したのでそこらへんも語りたいんですけど
非常に長くなるのでまた別の機会があれば、書きたいです。


EPSON010.jpg

本体もそれなりの設計図を準備しています。
こちらも原寸スケールで書いているので素体はこの絵の大きさに合わせながら作っていく流れです。


絵を書くとどこら辺の部位が苦手か、結構わかるんですよね。
私の場合は下半身全体と手が非常に描きにくく感じるので、そこらの形状をまだしっかり捉えきれてないんだなと思います。

上半身のバランスはいいんですけどね・・・


EPSON011.jpg

素体作るときの各部寸法。
素体を太く作り過ぎてしまうと削りの工程が増えて時間がかかってしまうので
先に寸法をある程度出しておいて、その寸法を超えない大きさで素体を作っていきます。

別にこの寸法で人体が完成するわけではないのである程度の目安です。
目安があるかないかでべランス調整のやりやすさが違うとお思います。

EPSON012.jpg

魔の横から。
まあフィギュア作るときも横からってあんまり重視しないので(ちゃんと見てはますが)、それなりにしか捉えてないというか・・・
認識の低さが図に出てきますね。

ある程度の厚みを指定して、行き過ぎないように・・・



ってな感じで準備を進めてます。

人体の部分に関しては顔や手やお腹周りの形状等、個々にイメージをまとめたい部位も多いので
もう少し図を書くことになる予定です。


ここまでガッツリ図を書いてイメージをまとめているのは前回のシャルちゃんの反省です。
時間に追われながらディティールや構成を考えると色々と不完全燃焼になりがちなので、なるべく早い段階でイメージをまとめて
少しでも長く考え抜いた作品を作ろうと思ったからです。

センスのある方は作りながらバババっと細部まで決めていけるのかもしれませんが
残念ながら私は基本的に美術・デザインのセンスはないので・・・


まあそんな感じで、完成するかはわかりませんが古鷹改二を作っていこうと思います。

シャルちゃんの時はあまりブログ更新できなかったのでなるべく細かく更新して行きたいです(願望

頑張ります(`・ω・´)
スポンサーサイト
  1. 2015/08/15(土) 21:22:24|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八極堂さんの鳳翔さん、完成しました!!


WF2015Sにて購入しました八極堂さんの鳳翔さん完成しました!

パーツ点数控えめ、マスキングほぼ無し、飾りやすいサイズ

作成しやすいキットでさらに置き場所にも困らないナイスキットでした。

お値段もリーズナブルでしたし。


八極堂さんの作例ではピンク基調の桜模様でしたが

季節はすでに秋(ぇ、赤基調のもみじ模様にしました!!


毎度のことながら写真は少し色が飛びk気味ですが紹介していきまーす。

RIMG1928_s.jpg

鳳翔さん、こう和風美人な感じ、出せましたかね。

このアングルはなんか、エロさというか艶しい感じしませんか?


この鳳翔さん、見るアングルによって結構雰囲気変わるんですよね

色々な鳳翔さんを楽しめるようです


RIMG1906_s.jpg

ちょっと優しい感じ


白部分の色飛んでしまってますが、影に青系、本体は黄色系の白で塗ってます。

RIMG1923_s.jpg

すこし凛々しい感じ。

写真撮っててすごく面白かったです。

惜しむらくは自分のカメラがクソすぎるところ。
もはやバッテリーはフル充電して30分ほどしか持たない上にあまり画質がよろしくない・・・
特に色があまり鮮明に出ないので・・・

流石に新しいの買わないとダメですかね・・・・・

RIMG1921_s.jpg

「・・・? なにかしら・・・?」

みたいな

RIMG1915_s.jpg

袖の部分色はいい感じです

RIMG1925_s.jpg

後ろ

RIMG1949_s.jpg

本当はもみじ部分も色を塗ろうと思ってましたが、白抜きでも思いのほかいけたのでそのままにしました。


背景のもみじが適当なことに突っ込んではいけない。
シール用紙に印刷して切り取ってはっただけなので・・・勘弁してください・・・

RIMG1942_s.jpg

顔。

顔の造形がとても良くて耳の付け根、エラ部分から顎にかけての輪郭の流れと首への繋がり方がスゴイ自然で、良い!!

キット開けた瞬間、「顔、いいなこれ!!」な感じでしたからね。

舐め回したい


あと耳、私は耳は削り出しで作るタイプなんですがこの鳳翔さん、盛りで造形してらっしゃるようで。
興味深いです。

RIMG1974_s.jpg

白背景で撮ったもの。
なんか雰囲気が一気に可愛くなってしまったのであんまり白背景は宜しくなかったかと。





かなり久しぶりに買ってきたキットを完成させました

できればコンスタントにいろんなキットを作りたいんですけど、自分の原型もあるのでなかなか出来ないんですよね。

バリ取り気泡埋めぐらいなら原型やりながらでもボチボチ勧めていけそうな目処はあるので

次のWFまでにもう一つぐらい、ガレキを組みたいと思ってます。

WFで夢喰いメリーのクリオネを買ってきたんで作りたいんですが、ボリュームがすごくてなぁ。

そう言う意味でもこの鳳翔さんは、買ったら作りたくなるキットだったなぁと思います。


自分のキットで考えると、こう・・・作りたくない、作れないきっとの部類に入りますからねぇ・・・

そういうところに改善点もあるんでしょうか。

と、色々考えつつ鳳翔さん無事完成で作成終了です!



ではnosi

  1. 2015/08/10(月) 18:54:34|
  2. キット制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前作の反省とか


WFから2週間ばかり経ち、いつの間にか残暑の季節です。


イベントも終わりブログの役割がほぼなくなったこの時期の

8月2日に何があったんですかね

アクセス数

恐らくWFまとめサイトなどで紹介して頂いたか何かだと思いますが、ふとアクセス解析を見て驚きました。

このブログは1日10人も見てくれたらかなり良い方ですので。

紹介していただきありがとうございます。




今回はシャルちゃんの反省会ということでネガティブな内容になります。

と言いつつまずは良かった点を上げていってみると・・・

RIMG1880_s.jpg

○良い
 ・全体としてうまくまとまっている
  →会場で「うまくまとまってるなぁ」という感想を複数回耳にしたので。
   多分ですが、原作の雰囲気を重視したポージングとバランス、作品全体のシルエットがはっきりしている
   あたりが要因かと。
   配色もうまく出来ていると思いますがこれはキャラデザに起因する部分なのでなんとも

 ・塗装の色使い、同系色の使い分けが上手くできた
  →色相が近似するので多少の事では配色が調和しないということは起きませんが、パーツごとの色分けは成功ですね。
   マント、リボン、ベルト、剣各部は似たような赤ですが基本的に同じ色は使ってません。
   こちらもキャラデザの話になりますが、金縁セパレートが全体に効いているので同系色でまとめても
   ボヤーっとしないというのは大いにあると思います。

長いのでまとめると、キャラの特徴とマッチしたポージングと配色ができた、ということで。

ポージングに関して今までは自分のやりたいことをやる、という考え方だったんですが
キャラクターに合わせて全体の雰囲気を出してあげるのがすごく重要なんだなと思いました。

まあ当たり前ではあるかもしれませんがそれに気付けたのは収穫ですね。


他にもパーツ個々で見ると良いところはあるんですが、長くなるのでやめます・・・
髪の毛の塗なんてね・・・語り尽くしたいんですけど・・・・・


RIMG1869_s.jpg

×反省

 ・デテール粗い
  →モールドが真っ直ぐになってなかったり、深さがアバウトだったり

 ・パーツの動かし方が検討しきれなかった
  →ツインテールの髪の毛の流れ、マントの動き方、リボン・スカートの靡き。
   本当はもっと作りこみたかったんですが時間がありませんでした。
   作り始めからイメージがまとまっていればこんなことにはならないはずなので、計画不足です

 ・剣のつくり方
  →基本プラ板工作ですが、今回は直角並行をあまりうまく出せませんでした。
   機械系のパーツは直角平行とエッジの聞かせ具合が重要だと思ってるので
   作成開始時からそういう部分をうまく出せるような作り方を検討しないとダメでした。
 
 ・複製 
  →ご購入していただいた方には申し訳ないですが、髪の毛の複製は完全に検討不足でした。
   今回は型をかなり厚く作ったのでバリは抑えられたと思ってます。
   ただ複製直前になってどうしても複製できない形状や気泡が必ず入るであろう部分が出てきてしまいました。
   これは設計段階から複製を考えておけば防げたことなので、明らかな設計ミスです。
   分割数を多くしたり凸部の形状を丸くしたりすれば気泡はかなり無くせるでしょうし。
   ヘタクソは事前検討からしっかり準備しよう、ということ。

 ・パーツ個々について
 →大きくバランス崩壊しているパーツはないと思いますが、首の付け根周りは少しまずいなーと思ってます。
  あと剣の持ち手とかもう少し太くて良かった。既製品パーツをそのまま使うことを第一に考えてしまったので・・・。
  ほかはそこまで悪くないかと・・・


長かったのでまとめると、、、事前検討からしっかり完成品へのイメージを固めておきましょう、ということですかね・・・。

細々書くともっといっぱいあるんですが、これ以上長くなるのもアレですし、飽きてきたのでこれぐらいで。
次回はこの反省を活かして作れるといいですね!!(人事感





八極道さんの鳳翔さん、しっかり作ってます。
現在塗装中なので明日か明後日には完成するかと・・・

DSC03973_s.jpg

八極堂さんの作成サンプルは桜模様で春仕様だったので
うちの鳳翔さんはもみじ模様の秋仕様じゃ!!

DSC_2396.jpg

もう少しグラデーションうまく付けようかー




次回作の作成準備もボチボチ始めています。

下の彼女、つくります。

DSC_2397.jpg


作成途中等はツイッターに流したりしてるかもです。
よろしければTwitter:@yan_gippa


取りあえずは鳳翔さん完成させます
  1. 2015/08/09(日) 23:52:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yan

Author:yan
こんにちは。
ここは管理人yanがちょこちょこ作ったものをアップすることを主にするブログです。ガンプラ・フィギュア等々を上げていく予定です。

このブログ内の文章や画像は許可無く流用・転載しないでください。大した物無いけど。一応、念のため。

※プロフィール画像の魚ヘッドは管理人がつくたものではありません!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (5)
イベント (39)
自作フィギュア (105)
ゲーム (1)
キット制作 (21)
その他 (19)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。