ししゃも包囲網

フィギュア・キット制作等々を綴っています。"ししゃも亭"としてWF等イベントにも出してます。

うどんげ制作中 その5

咲のアニメを少々見ましたが相変わらず超能力麻雀で安心してます。

咲のキャラをフィギュア化するならあのエフェクト付きがいいですよね。

誰かやりませんかねぇ、できるだけダイナミックに。

自分がやると間違いなくモブ化する自信があります。




うどんげが形としては完成って感じでしょうか。

ってかうどんげうどんげ言ってましたけど、これうどんげに見えるんだろうか・・・

ただの水着に耳生えてるだけになってるのでは・・・。

2次創作が主流と言っていい作品だから絵柄が固定的でないってのはいいんですけど
うさみみ+ブレザーをという特徴を剥ぎ取ってしまうとうどんげとして成り立たないのではないだろうか。

うーむ


取りあえず写真上げていきます
RIMG0834.jpg

形としては完成とか言いましたけど、ちょっと首長い気がしてます。

水着のリボンと紐が追加されてます。

あと脚部も分割しました。
付け根に少々隙間がありますが接続が悪いだけでしっかり付けることができます。


RIMG0836.jpg

サフでまだらになってて見にくいですね。

素足を作るのは初めてでしたがなかなかうまくできたと思います。
踝のあたりをもうちょっと作り込むといいかもしれません(遠い目)

RIMG0838.jpg

横から見たときの背中とお腹のラインは満足してます。
こっちからだと腕が邪魔で見えにくいですけど。

後ろ髪の跳ね毛がビミョー。


RIMG0840.jpg

髪の毛のボリュームを少し増やしました。

あとは跳ね毛を細くしたり、髪の毛のラインを整えたりといったところ

髪の毛の面と左右の足を結んだラインの面が同じ方向を向いてないのがミソだと思ってます。

RIMG0841.jpg

表面処理をまだしてないので気泡が目立ちます。

足の指の付け根が適当なので直したいですな。

RIMG0843.jpg

このアングルはおっぱいの形状とか体のラインが意外と見えるので好きです。

髪の毛もっと尖らしたいですね。

左足太ももの肉がぎゅっとしてる感じはうまくできたと思ってます。
サフがマダラで写真だと見にくいかもしれません。

RIMG0850.jpg


表情ミスってますかねぇ。
ただのやる気ない人に見えてきました。
作ってる人に似るんでしょう。

顔の形状と凹凸は気にってます。
写真で見るとなんかのっぺりに見えますけど、現物はそんなにのっぺりしてないです。

胸のリボンもっとちゃんと作らなきゃダメですね。
ポリパテは小物を作るのが難しい・・・

RIMG0860.jpg

左腕分割してますけど多分一体化させます。
肌部分を分割してしまうとサフレス塗装ができないので、それは避けたいところです。

ただ両腕を一体化させたままだと複製が難しくなるんですよね。

腕を一体化させた状態で複製しようとすると多面型(これだと3面で?)で抜かなければいけません。
それは不可能じゃないし難しくないんですが、バリやズレあ出やすくなります。

肌は曲面が多くズレの修正などが困難ですので、こちらもなかなかリスキーです。

業者抜きも考えましたがコイツのためにそこまでするのもなぁ。
いつかは業者抜きをやりたいのでコレで試しに出してみるもいいんですけど・・・。

重厚長大な3面型で行きますかね・・・。





形としては完成とか言った割に反省点がボンボンでます。

気持ち気にはもう完成させたい、でもこのままは後味悪いしあまり時間はかけたくないし。

モチベーションが上がらないのでしばらく放置しますかねぇ・・・。

3月末までには完成させる予定だったんだけどなぁ。

なんか全体的にテンションが上がらないすなぁ。


うーん


これは早くも5月病か!!



スポンサーサイト
  1. 2014/03/30(日) 21:50:00|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うどんげ制作中 その4

プロ野球オープン戦が終わりました。

我らがベイスターズは今年も投壊な感じですかなぁ・・・。

中日ヤクルトがダメそうなのが救いでしょうか・・・。




土日で少々改造しましたので写真載せてきます。



最近更新頻度高いです。

それだけ暇ということです。


RIMG0819.jpg

左腕の肘の位置を下げて角度も変更しました。

手の角度も変わってます。

耳の形状を弓なりに変えました。

足の形状を全体的に整えてます。
写真だとわかりにくいですが太ももの形状も左右の足で肉の付き方を変えてます。

RIMG0822.jpg

左の足の裏が少々上を向くようにしました。

膝は出すぎですね。
修正します。

跳ね毛がマズイかな・・・?

RIMG0826.jpg

後ろ髪のボリュームを変更しています。

跳ね毛も前側に出すようにしました。

左足の向きを変更しています。
横向きから上向きに・・・。

RIMG0824.jpg

後ろ髪のボリュームと跳ね毛の位置を変更。

右足の向きを変更したので後ろから見たときの印象が結構変わったかと


RIMG0827.jpg

脚はまだ荒削りの段階なのでこれから整えます。
肉付きは結構うまくできてると思います。

ちょっと太すぎかもしれませんが・・・



うどんげは3月中で切り上げる予定です。

取りあえず各部の形状を整えて分割処理するところまではやりたいです。

それさえできればあとは表面処理ですので何かの片手間でできますし。

体の造形練習という目的は果たせているので完成しなくてもいいのですが
せっかく作ったので完成はさせたいと思ってます。



なんだかやたらと眠いです。

今日はもう寝ましょうzzz

  1. 2014/03/23(日) 22:57:26|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うどんげ制作中 その3

今更になって撮り貯めていたマジェスティックプリンスを全部見終わりました。

戦闘シーンの動きが凄いです。

フルCGだとか。

同時期に同じロボアニメであるガルガンティアとヴヴヴがあったからか、そんなに話題になりませんでしたね。

珍しく1対1のバトルが少ないロボアニメだと思います。

一人の倒れた敵に対して二人がかりで刀でメッタ刺しにし、味方のブースターユニットを自爆させて動きを止めて

大気圏外から光学兵器で射撃して倒すというシチュエーションはなかなかないと思います。





うどんげがそこそこ形になってきましたので写真あげ。

水着フィギュアって微笑んだり笑顔なものが多い印象ですよね。

以前に上げたうどんげイメージ図でも▽口の柔らかい表情にしてました。

作っている途中でそれが非常につまらなく感じたので、表情を不機嫌な感じにしてみようと錯誤してます。

もうちょっとジトらせたい。

RIMG0794.jpg

もうちょっとジトらせたい(2回目)
ただの無表情にならないように注意しないといけないですね。

何がしたいかってジトらせて頬染めたら可愛いよね、ってことです。

全体的なシルエットは満足してます。

右足と左足の開き具合を変えたのが良いかんじかと。

RIMG0800.jpg

右腕の前腕が少しだけ太いですか

横から見たときの体のラインも悪くないのではないでしょうか。

自分は肉の凹凸を深めに付けてしまう傾向があるのでそこは注意したいです。

ポリパテだと分割部の処理をするのがすごくめんどくさいです。

RIMG0805.jpg

肩甲骨から右腕に引っ張られてくる筋肉のボリュームに困ってます。

注意していた手のサイズもそこそこバランスいい大きさにできたと思います。

うさ耳が直線的過ぎな気がするのでなんとかしたいです。

RIMG0803.jpg

髪の毛に房を掘りました。
結構良く出来ていると思ってます。
毛先をもうちょい尖らせられれ完璧だと思います。

前回から気にしていた耳と跳ね毛がX字になる部分ですが、左側の跳ね毛の始点を少々下げました。

ちょっとはマシになりましたかね?

RIMG0796.jpg

お腹周りは今まで自分が作った中ではかなりよくできた方です。

うどんげの左腕が体に接している部分の肉のたわみとかうまくやれないかと考えててます。

水着の形はまだまだ吟味しないとダメだと思ってます。

RIMG0818.jpg

今までの自作フィギュアと比べると顔の形状が結構変わってます。

おっぱいの形、まあ悪くないのではないでしょうか。
腕に当たっていたり引っ張られたりしているので微妙に左右で形変えてます。



明日久しぶりにチャック氏がこちらに帰ってくるので、適当に指摘してもらおうかと思ってます。





ちなみに自分が作っているのは一応1/12サイズぐらいなのですが
figmaと比べると明らかに横幅が大きいんですよね。

自分は最初に全体の大きさを決めて、頭の大きさ決めて、それを基準に全体を合わせていってます。

なので1/12と行ってもそれは身長だけであとは自分の感覚で横幅と厚みを決定してるだけです。

まあ可動フィギュアと比べてもってのはあるんですが。


そこで気になったのは誰か実際に採寸してスケールフィギュアが実際の大きさと比べてどうなのか

ってやったことあるんですかね?


手元の1/7我那覇君のバストサイズが93mm(水着の上からですが・・・)。
×7倍で651mm。
我那覇くんはたしか83cmだった気がしたので水着の上からとは言えかなり足りないですね。

水着って多分そんなに胸を押し付けて固定するものではないと思うし、生地の厚みもあるので
増えてるぐらいでいいかと思っていたのですが・・・


見た目のバランスが大事ってことですかねぇ。

まあそのほうが作ってる方も都合がいいのですけど。


暇だったら採寸してみますか。

だから何って感じですけど。


  1. 2014/03/21(金) 17:05:41|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

figmaストレングス 

草野球行ってきました。

やっぱり野球は楽しいですね。

3打数1安打(右安、三振、三直)でしたが内容が良かったので満足です。

昔は少年野球をやっていたのですが、コーチや監督から教えてもらったことが今更になって生きてます。

脇締めて球引きつけてインパクトを見て打つ、これはいい教え方だなと思います。

当時は打撃はダメダメで意味わからなかったですからね。




延期に延期を重ねたfigmaのストレングスがようやく発売し、佐川から届きました。


RIMG0746.jpg

パーツ数多いしやたら横にでかいです。

BRSシリーズは武装がかっこいいので好きなんですが、場所取りすぎです。

ストレングスはかなり好きなキャラの部類に入るのでテンション上がりますね。

腕四本装備をするのはfigma2セットを買わなければできないようです。

一応買ってあります。

RIMG0747.jpg

このマジキチフェイス、堪らない・・・

本当は前回作った時崎狂三もこれぐらいのキチガイフェイスにする予定だったのですが
目を書く自信がなかったのでやめたんですよね。

RIMG0760.jpg

こちらは通常Ver。

オーガアームが一回り小さいですかね。

というかfigma自体旧作と比べるとだんだん大きくなっていると思います。


RIMG0761.jpg

並べるとTVverのデカさがわかります。

あと机の汚さもわかります。


RIMG0763.jpg


手の大きさが一目瞭然で違います。

旧Verの好きなところはアームに塗装ハゲ表現がされているところです。

写真でもわかるかと思いますが淵に所々銀が塗ってあって、それが好きです。


RIMG0751.jpg

まあどんな新作が出ようと我が家の大エースは彼らです。

ギミックがシンプルなのでポーズをつけの確認をしたりブンドドしたりと日々大活躍してます。




散々記事を書いといてになりますが

紹介するならもっとレビューみたいな感じでやれよって思いました。


でもそれは非常にめんどくさい


  1. 2014/03/15(土) 20:27:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うどんげ制作中 その2

前回うどんげのイメージ図ということで自作絵を一枚アップしましたが

懲りずにもう一枚書きました。

絵を書いていて思うのですが、短い期間で作品ができるって楽しいですね。

イラスト本業の方は一枚に1ヶ月近く掛けたりするのかと思いますが

自分は別にそういう訳ではないので、気楽に早く完成するしてすごく楽しいです。

フィギュアだと現状2~3ヶ月スパンでしかできませんからね・・・

ミク練習4_着色

まあまずは自画自賛させていただきたい。

今回結構全身バランスよくできたと思うんですよ。
自分が苦手な腰部分が服で隠れているとは言え魔の下半身て程ではないですし。
前々から言われることがあった手の大きさも小さすぎないようにしました。
色塗りも前回のアニメっぽい塗からちょいと変えました。
髪と肌はベースになる色をグラデーションぽく全体の影として、その上に物理的な(?)影を置くようにしました。
拡大しても見えないかもしれませんが目の塗りはダンチで良くなってますし、白目の部分も工夫しました。
線画もパスツールで作り直したので、線の変化がなくて単調ですが綺麗になってます。
まあ自分で書いた後に「これ、可愛くね?」って思えるというのはいいいことですね!!




・・・よし

まあ課題もいろいろあります。
表情が書けなかったり影の付け方がわからないし、服の塗が単調だし。
それに毎度のテンション上がって早く完成させたい病が発生して最後雑です。
腕の模様とかね、もうちょいできただろと(やれよ)

フィギュアでもそうですが、作業中にテンション上がって雑になるのやめたいですね。

メンタル鍛えにどっか修行に出ますかね。比叡山あたりに。







以下優曇華ですが形状は整えられていませんが全パーツ荒削りででましたのでうpします。

ちょっち写真暗いですが
RIMG0752.jpg

耳の長さに悩んでます。
もうちょっと短くしようと思ってます。

あとは胸が上杉ですかね?水着で上げてるイメージにしてもやりすぎかもしれません。

RIMG0757.jpg

膝下部にパテ盛ったので着座してません。

それぞれ手の大きさと表情は今回の課題の一つです。
あとは足の指まで作る機会があまりないので、慎重に作りたいです。

RIMG0755.jpg

二本ばかり跳ね毛を追加しましたが、これいらないかもしれないです。

左側をちぎる、毛の根元の位置を左右でそれぞれ変える、両方なくすか、ですかね。

このままは無しですね

RIMG0758.jpg

背中側の面が短調に見えたので跳ね毛を入れましたが、あまり効果なさそうです。
正面から見たときのボリュームは増えましたが



前回の記事にも書きましたけど、ポリパテが完全硬化すると加工性糞悪いです。

エポパテの作業リズムで作るとダメですね。

まあ当然ですか。



生活リズムに合わせたパテ選択をして

快適エンジョイ!Let'gフルスクラッチライフ!



これ重要ですね。

  1. 2014/03/15(土) 00:31:35|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うどんげ制作中 その1

フィギュア作り始めました。

東方のうどんげ作ってます。




いつもはエポパテかですが今回はポリパテに素材を変えてます。

どのパテにも言えることですが、この季節は固まるの遅いですね。

なのでストーブの前に置いて硬化早めているのですが、タイミング間違えると固まりすぎてしまうので
いまいちポリパテの加工性の良さを生かせてないです。


一応今回のイメージ図はこちら
下手くそなのは勘弁してください。
美術とか成績3しか取ったことないから。
優曇華

晒しageってやつですね。

まあ自分の中ではうまく書けた方ですよ!

手を前に突き出していたり、こう奥行のあるものはどうやって描けばいいんでしょうか・・・

まあイメージ図なのでそこまでこだわらなくていいかな、と。

あくまでイメージなので、これと全く同じものを作るつもりはないですしな。




そんで原型の方は

ザクザクっと盛っただけですが

RIMG0732.jpg

サイズはいともどおりな感じですが座ってるので全高6.5センチほどです。
うさ耳もモミアゲもまだ付けてません。

もみあげ付けるスペースがなくて困ってます。
一応本物の耳ついてるんですが、削ぎ落としてモミアゲつけようかと思ってます。

RIMG0740.jpg

手がでかいのはまだ調整してないからです。
手の大きさと下半身のボリュームに毎回苦労するので、何かコツをつかみたいです。

RIMG0736.jpg

ポリパテでロングヘアは難しいですね。
半硬化の状態で髪の毛のデテールを入れておきたかったのですが、ナイフを入れると崩壊しまくるので
完全に硬化してから電動工具で削り出すことにします。

細かい部分にナイフを入れるときは振動カッターで加工することが多いのですが
ポリパテにはマッチしないんですかね?
細部を加工しようとするとボリボリとパテが崩壊していきました。
おまけにパテが完全硬化してしまうと歯が立ちません。

ポリパテに振動カッターを使うのはやめましょう。

RIMG0744.jpg

脇。
前作が割と脇がうまくできたと思うので今回も頑張りたいです。




体のバランスとか考えたかったので水着にしてみました。

特に手の大きさと下半身は注意したいところです。

魔の下半身と言われましたからね・・・

リベンジしたいところです。




また続きを紹介していきます。
  1. 2014/03/09(日) 22:34:57|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きっとの販売価格について その2

前回の記事ですが、書いた後になって「何こいつ偉そうに語ってんの?」って思ったので消しました。


ですがチャック氏から「消すなよ」と言われたので復活させました。


他のディーラーさんのブログで価格の話とか見たことないな、と今まで思ってましたが


書かない理由の一つがわかった気がします。


金の話はいけませんわ。


なんか気分良くないですね。




ですがせっかく書いたので続けます。





前回の記事からの続きですがキノと狂三+おザフの大体の費用を出してみました。

◎狂三+おザフ
シリコン      40000
レジン       14000
原材料       8000 
計         62000

◎キノ
キノ
シリコン   24000(0\)
レジン     10000(4000\)
版権料    6000(2800\)
原材料    3000(0\)
計      43000(6800\)

()内の数値は今回のWFでかかった費用です。
再販なのでシリコン代等は前回でペイしきったという思考で行きます。

参加費       13500(共同なんで割り勘)
版権申請手数料  2000
版権料       3000
計         18500

原型の材料費はパテとプラ板ぐらいしか計算していません。
本当にざっくりなので低く見積もられているはずです。


計算すると。

◎出費
狂三おザフ+キノ+参加費=62000+6800+18500=87300\

◎収入
(狂三おザフ×10)+(キノ×6)=6000*10+4000*6=84000\

計算方法これでいいのか?

まあ赤字ですな。


じゃあ販売価格が安すぎなのか、と言われればそうではないとも言えます


狂三は10個販売でキット一つ辺り6200円

キノは累計で14個販売したので3071円です。

参加費用を抜いたきっと一つあたりの原価額を見ればトントンといったとこです。



同じシリコン型を使う限りは大量生産製品と同じように個数を作るほど原価は安くなっていきます。
(共通部品ではない部分の価格次第では売れば売るほど赤字もありえます。レジンなど)

正しくはキット一つあたりにかかるシリコン・原型等の共通部分の原価ですな。

例えばですが狂三おザフを50個複製すればシリコンの原価は800円まで下がります。

そうするとキット一つ辺り2360円の原価で販売されると・・・


こう考えればいくら価格を低く設定していようが生産数増やして売り切れば
そこそこ利益が出るということになります。


もちろん売れ残れば莫大な損失です。



自分はフィギュアのサイズで価格を決めていましたが、生産数に見合った価格設定ができてれば
サイズに関係なくそれが適正価格ってことなんでしょうかね?



なんかここら辺の関係をうまくグラフ化とかしたら面白そうですね。

多分こういう事の考え方等は経営系の方々がやったりするんでしょうな。

調べればナントカ法則とか決まりごとがありそうな関係ですし。

まあそういう話に持っていきたいわけではないんですが暇があったらやってみようと思います。




結局、適正価格はよくわからないです。

前回の記事で書いた自分が設定したキットの価格は適正か?

ということに対する結論は×に近い△、といったところでしょうか。

キットの単価を考えれば狂三おザフは原価6200円に対して6000円で販売。

自分は利益を出すという事を考えていないので原価をうまくペイできる価格になっていると思います。

ただ参加費も考えれば、×判定ですね。



まあ自分の考えや目的に沿った値段設定が出来てればそれでいいってことで。

WFには利益を出したいって人もいるし自分の作品を見てもらいたいって人も
それ以外の人もたくさんいると思います。

それぞれの人がいろんな理由があってその価格をつけているので、それに意見する筋合いはないですよね。


2記事使ってこんな結論かよ、って感じですけど。




冒頭にも書いてますが、お金の話は良くないですね。
気分害された方いましたら、すみません。

あれが悪いこれが悪いという事を言いたいわけではないんです。


なんか、だめですね。



あと簡単な計算とはいえ数字出しながら文章まとめるのは難しい・・・。
  1. 2014/03/08(土) 23:53:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

キットの販売価格について

会社の自販機で飲み物を買ったとき、100円つり銭切れのランプが点いているのを発見。

お釣りが全部10円玉で来ることを期待して1000円札入れてもう一本買ったのですが

普通に100円で帰ってきました。

無駄な買い物させやがって。




取りあえず次のWFの参加申し込みはしましたが、この時期は記事になるネタがありません。

なので少々汚い話になりますが、ガレキの価格設定について適当に書いてみようと思います

と言っても自分の価格の決め方とかの話になりますけど・・・

ほかの人はどう決めているのか気になりますね。



以下はあくまで自分なりの基準と理由です。






ウチのキットは1/12サイズで4000円の価格で販売しています。

これは自分がWFにD参加する前にトレフェスやWFで偵察して大体の価格を決めただけです。

その時の目安が

1/7→10000~12000円
1/8→6000~8000円 
1/10→4000~6000円

程度かなぁと。

これ以上と以下のサイズは取り扱っている所が少なかったり、可動フィギュアだったりと
まちまちな事情と価格だった記憶が。




1/10以下のサイズとは言え3000円だと安すぎるし5000円だと高すぎる気がしたので間をとって4000円。

5000札1枚で買い物ができると言うのも美味しいかな、という考えもあります。

「それなら3000円でもいいじゃん」とも思えますが、販売する以上安すぎもよくない気が。

売るために安くするのもありかもしれませんが
「安いから買おう」より「これ欲しいからこの値段で買おう」のほうが嬉しくないですか?

最終的には自己満足できる価格だったこと(?)。

あとは些細なことかもしれませんがWFの価格破壊を起こさないようにということ。

1弱小ディーラーが気にしても仕方ないんですけどね・・・





でも価格低下の流れができるのは好ましくないですよね。

好ましくない理由は列挙するとキリがないので省きますが、ガレキ全体に悪影響があるのかなと。






話が逸れそうですが、まあそんな感じで取りあえず4000円という価格を決定しました。

原価を考えずに。



WF参加し始めて最初の方は値段はともあれ売れてくれれば嬉しいものです。

ただある程度売れ始めると原価計算とか始めるんですよね。





さて、4000円という価格は適正だったのか。





適正な価格とはなんなのか、自分もわかりませんが原価+利益分+(作業時間)辺りを含めて計算した価格が
商売的には妥当な価格ではないかと思います(商売はよく知らないよ!)。

まあ商売でWFやってるわけではないし、作業時間まで計算してたらとんでもない価格になります。

なのでそこは省いた価格が適正なのかな、と自分なりに考えてます。

そしてWFには参加費+版権料約30000円という重い負担があります。
(参加さてもらっている立場なのに負担という言い方は良くないですね・・・)

ここいらへんを加味して前回のWFに出したデートアライブ系とキノの価格を検証してみようかと思います。



次の記事で(あれば)





P.S

キャラぐみん買いました

RIMG0655.jpg
  1. 2014/03/08(土) 22:25:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yan

Author:yan
こんにちは。
ここは管理人yanがちょこちょこ作ったものをアップすることを主にするブログです。ガンプラ・フィギュア等々を上げていく予定です。

このブログ内の文章や画像は許可無く流用・転載しないでください。大した物無いけど。一応、念のため。

※プロフィール画像の魚ヘッドは管理人がつくたものではありません!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (5)
イベント (39)
自作フィギュア (105)
ゲーム (1)
キット制作 (21)
その他 (19)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する