ししゃも包囲網

フィギュア・キット制作等々を綴っています。"ししゃも亭"としてWF等イベントにも出してます。

三笠つくります! その1


WFが終わってから更新していませんでしたが少し落ち着いたので更新

取り合えず引越しの準備もひと段落したので少しずつ原型に手を付けはじめました
新居が出向先の寮で部屋が6畳一間しかないかなり厳しい作業環境になりますが、原型製作は頑張って続けたいと思います

新生活の方はのちのちネタになると思いますのでお楽しみに?




次の作品の方ですが

以前から少し気になっていたオリジナルキャラクターを作らさせていただくことになりました

pixivやニコニコ静画等に素敵な絵を投稿していらす紀奈さん(@kinona)のオリジナルキャラである三笠を作ります!!
(商業でご活躍されているかもしれません。無知ですみません・・・)

↓後ろのイラストの子です
P3213382.jpg


まあ元イラストを勝手に貼るわけにはいかないので
どんなキャラかなというのが気になったらpixivかニコ静、google等で検索してみてください



特に面識あるというわけではなかったのですが、突然の制作許可の問い合わせにご快諾いただき感謝です。


イラストを見たのは半年ほど前でその時少し気になっていたんですが、
Twitterで#原型師さんに立体化して欲しいイラスト~タグを見てふっと思い出したので作らせていただこうかなと思った次第です

ビビっときたものを作る



見ての通りボリューミーなのでかなり時間はかかる見込みですが頑張っていいものを作っていきたいと思います。
デザインは艦むす風なのでイベントに出す際に版権云々にかからないかーとか不安な面もありますが
チャンスがいただけるようであればイベントにも出そうと思ってます。

これについてWF実行委員会に問い合わせメール送ってもなんにも返答来ないんですがね・・・




毎回恒例のイメージ絵を描くターン

イメージ図1

基本的に元イラスト風で作るのでわざわざ自分で絵を書く必要はない気もしますが
線をはっきりさせて自分の中でのイメージを、ね。大切じゃないかなーと。

僕は絵が得意なフレンズじゃないから・・・


この三笠はMMDモデルも作られていて艤装等の資料もそれなりにあります。
元イラストとは少し変わっていますが、それらのMMDモデルや紀奈さんから頂いた資料をもとに形にしていきます

とは言えパーツの形状や分割がかなり複雑な構造になるので実際に立体に起こすのは結構大変そうです

例えば物理的に苦慮しそうなところだと
・干渉する箇所を自然な感じに落とし込みながら調整
・重い装備パーツをどう保持するか
・分割形状とパーツ形状の落としどころ(コート左右半分割はやりたくないなぁとか)

デザイン的なところだと
・シンメトリーに近いデザインをポーズとデザイン変更なしで崩したい
・艤装の上面と側面が強く出すぎないようにしたい(面が主張しすぎるとダメ
・実際にそれがあると考えた時におかしくない構造や機構に落とし込みたい(可動部とか


まあ私好みの雰囲気と元デザインとの落としどころをどこに付けるかというところなんですが・・・

なんとなく伝わりますかね・・・



三笠案_re3

いつものと違って重なってある部分も書いてあるんだぜ、
しかも体と服と装備とで色が分けてあって見やすい、すごいだろ(意味不明




P3213382.jpg

本格的な作業は引越しが終わって仕事も含めある程度生活が安定してからになると思います

イメージ膨らませるために簡単にアルミホイルで服のアタリをプラ板工作で艤装のベースを作成
体と装備のバランス等を整えました

艤装に砲が着くと長さが変わって少し間延びした印象になってしまうかもしれませんが、最初はこのくらいの大きさで行きます

等身もいい感じですし艤装も大きすぎず小さすぎず、この感じで作っていければ

P3213375.jpg

体が完全に艤装に囲まれてしまうので全体のシルエットが少し短調になってしまうかもしれません
なんとかしたいところですが、逆にそれを生かしたものにするのもいいかも

そこらへんはもう少し作りこみ始めてから調整できれば

袖と髪の毛と艤装とコートが入り乱れるのもなかなか厄介
奥行をうまく使いつつイラストの雰囲気というか流れを維持したいところ



P3213374.jpg

艤装を水平ではなく前傾にしているのは先程も書いた面を強調しすぎないようにするためです


自分は作品を作るとき直角水平平行等の関係をはなるべく崩したいと思っています

これらの関係を作ってしまうと、その関係を構成している物体どうしがその関係であるということを主張するので
自然な感じが消えてしまいます(必ずそこが直角平行になっている、というふうに見えてしまう)

今回艤装を水平につけると必ず面が水平方向を向き、側面が地面と直角という関係になり、
このイラストの立ち方をしたらその関係で物体が保持されているという奇跡的な状態になります

普通に人がたっていてその人が身につけているものが綺麗に直角平行になることってあんまりないですよね?

それを作ってしまうと普段見慣れない状態を目にすることになるので作品として違和感が出ると思います


もちろん建物の骨組みとかは地面に対して直角平行であっておかしくないので問題ないですし
装備している艤装の断面が長方形でもOKです。それはそういう構造のものだから。
直角水平平行である必要がないものは、その状態を作らないこと、大事だと思うんですがどうでしょうか・・・?

なんとなく伝わりますかね・・・

何も考えずにばばーって作ると意外とそうなってることがあるので、私的気をつけるポイント





まあこんな感じでボチボチ作っていきます
色々作業環境に制約があるので大変かもしれませんけど

次の記事は4月半ばぐらいに描ければいいなーと

モンハンもあるし・・・

スポンサーサイト
  1. 2017/03/26(日) 23:46:51|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WFお疲れ様でした。とそのほか


WF無事終了しました
お疲れ様でした

ししゃも亭の卓を訪れてくださった皆様、さらにはキットをお買い上げ下さった皆様
本当にありがとうございました。

加古改二、青葉、共に私が想像していた以上に反応をいただきとても嬉しいです

一応生産数は双方ともに過去最大数持ち込んだんですが完売となってしまいました

購入できなかった皆様には申し訳ありません

艦これは再販不可なので、今後加古青葉を出すことはむずかしいと思いますが
機会があれば作ることがあるかもしれませんが、ないと思います

本当にすみません


今後ともししゃも亭をよろしくお願いいたします



P2193333.jpg

卓はこんな感じでした

テーブルクロスぐらい敷いたほうが見栄え良さそうですよね
まあWF前にそんな余裕ないので仕方ないです

気合入れて展示状態整えてるディーラーさんは尊敬します


展示台自体は下手に背景色いじるより薄目の明るい色でおいといたほうが写真が撮りやすいかなと

元々会場があまり明るくないのと、光源が少し赤みを帯びているので、そこらへんも考慮できるといいかもしれません


P2193335.jpg

艦これを出しているディーラーの数はだいぶ減った印象ですね
特に1/8や1/7サイズの艤装フル装備で出しているところはぐっと少なくなったと思います

水着とか軽装Verが多いでしょうか
あとは独自アレンジを加えているとか

そういう環境的にも少しめだてる要素はあったのかなと思います

1/10や1/12といったサイズでは艤装の作り込みをした作品がたくさんあるので、サイズの問題かもしれません

何分費用が馬鹿にならない上に、艦これは再販が効かないということから売れなかった時のリスクが高くなりますし。

あまり大きい作品は避けられる傾向にありそうですね。



じゃあフル装備で2体作った自分はどうかと言われると、
作りたいもの作ってるだけなのであまり収支とかリスクとかは考えてないです。
余ったら悲しいですが捨てます。

とは言え売るならば材料原価と参加費ぐらいは回収したいので、それら含めてトントンになるような値段設定にしてます。
あとは市場破壊しない程度を考えて。


今回は一部業者抜きをしたので少し高めの設定でしたが適正な価格にできたかなと思ってます。
キットのクオリティーも高いわけではないですし。


あまりお金の話は好きじゃないですね



まあとにかく艤装付けると物理的にも金銭的にも作るの大変だから避けられる傾向にありそう、とういうことです


P2193330.jpg

じゃあ今回は何が流行りものだったかと

RE.ゼロ?のラムレム、Z3水着、グラブル、FGO、といったところでしょうか。
もちろん艦これガルパンは一定勢力を保ってますが


どうなんですかね、グラブルはあんまり模型つくる層と被ってないから売れにくそうなんですが・・・。
どちらかといえばPVC出るの待ちます、という方が多そうな界隈ですよね

同じソシャゲのFGOはディープなオタク層が幅広く存在してそうなのでわかりませんが

ラムレムはラノベ界隈というよりアニメ全体として評判が高かったので、勢力ーとはい言えないですかね


かと言ってもどこもかしこも○○、ということでもなかったですし

わりと色々なジャンルの作品が幅広く存在していた印象です。

艦これ・ガルパン時代から各勢力が跋扈する戦国時代的な


まああまり会場回れてませんがそう感じました
艦これ好きな私は少し寂しい感じでしたが、流行りに流されずに好きなものを作った方が多かったのかな?




艦これは版権事情的に次のワンフェスで間違いなく激減するでしょうね




P2193328.jpg


前の記事にも度々書いてますが、次のWFは参加自体ができるかわかりません。

昨日たくさんの方々から感想をいただいて、次も頑張ってくださいと言われて、なんとか出したい!
とは思ってます。

特に古鷹再販ないですかー次は衣笠ですかーとたくさん言われましたのでね・・・





作業環境が激変するので出せるとは言い切れませんが、出すとしたら



なんかオリジナルの原型展示

古鷹のリメイク


になるかと思います
衣笠は間違いなく今はないです


古鷹の場合は幸いにも芯になる原型があるのであまり時間が確保できなくても出せる可能性があります

ただネックが複製と塗装見本の作成になるので
そこらへんの作戦を考えて見込みがあれば、そういう方向で行くつもりです


衣笠は出してくれそうなディーラーさんがおひとかたいるのでその方に期待してます。勝手に


まあ実際は出るかどうかもわかりませんが、今後ともよろしくお願いいたします

WFお疲れ様でした!!


 
  1. 2017/02/20(月) 16:13:51|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青葉&加古改二完成しました



加古改二と青葉の塗装見本品が完成しました


P2163280.jpg


Wf2017冬にて展示販売致します
卓番は6-33-03、ディーラー名はししゃも亭です


詳細は以下のとおりです


○艦これ 青葉
 未塗装未組立ホワイトレジンキット
 価格:10000円
 スケール:1/8ぐらい(18cmぐらい)
 パーツ数:確か37パーツ
 割と作りやすいパーツ構成だと思います(当ディーラー)

P2163207.jpg




○加古改二
 未塗装未組立ホワイトレジンキット
 価格:11000円
 スケール:1/8ぐらい
 パーツ数:78?
 かなりへんちくりんな組立を必要とします
 ガレージキット組立に慣れていない方にはあまりオススメできない上級者向けのキットです
 一部パーツは業者抜きとなっています(RCベルグさんにお願いしました)



P2163263.jpg





日程には余裕持っていたつもりでしたがかなりカツカツで
結局塗装が少々手抜きな感じなってしまいました_(:3 」∠)_

流石にこのボリュームを2体仕上げるのは大変で・・・




青葉は加古と並べるとボリューム的に見劣りするかなーと思ってましたが並べてみるとそんなに気にならないですね




本番は青葉の台座も黒いやつにしようかと思います




写真を一通りとりましたのでババっと貼っていきます


まずは青葉から



P2163116.jpg


P2163117.jpg


P2163137.jpg


P2163141.jpg


P2163163.jpg


P2163179.jpg


P2163133.jpg


P2163134.jpg


P2163138.jpg


青葉はもっと明度の高い色で塗れればよかったんですが、まあ癖といいますか彩度明度ともに低めの塗装です
これはこれでまとまっているから悪くはないんですが、少々味気ないですかね

色塗ったパーツがひとつ吹き飛んで出てこないの、ついてないパーツがあるのは内緒・・・

続いて加古です




P2163083.jpg


P2163082.jpg


P2163075.jpg


P2163074.jpg


P2163084.jpg


P2163057.jpg


P2163053.jpg


P2163101.jpg


P2163108.jpg


加古は全体的にグレイッシュな感じですね。
艤装が黒系で服のメイン色が白なのでリボンや襟の彩度を上げすぎると危ないかなーと
結果、同じく色気のない塗装というか、地味な感じでまとまりましたね・・・

まあミリタリ感のある塗装ということで



青葉加古共に反省点は色々ありますが、それはまた後日にしようと思います

とり合えず山場を超えました
あとは商品準備等細々したことを片付けてWF当日を迎えられたらなと思います


おそらく当日はほとんど卓内に引きこもっていると思うのでお気軽にお声がけください
ボケっとした疲れてそうな男がいたら私です


よろしくお願いします
  1. 2017/02/16(木) 19:34:55|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WF2017Wについて


WF2017wの版権結果が出揃いました



kyodaku.jpg



無事加古も許諾いただけました!
版元様に感謝です


股ぐらのアップ画像を3アングルから前回との比較画像と共に送るという謎の写真提出でした


何はともあれ本当にありがたいです




そして現在絶賛複製中です


C23JAdhVQAAMbKc.jpg



加古は一部のパーツが業者抜きです
大きめのパーツは手流しですが、それなりに綺麗に抜けていると思います

とはいえ所詮常圧手流しなので気泡は入ってしまいますが・・・



青葉の方はサンプル品用のパーツを相方に送付して諸々の処理をやってもらってるので手元にないです
来週あたりに返送されてくると思うのでまたその時に写真を載せようと思います


お値段は青葉が\10000、加古が\11000を予定しています
業者抜きをしたので少々お高くなっていますがご勘弁ください・・・・・・

1/8なら7000-9000ぐらいで収めたいんですけどね・・・






WFまであと3週間でサンプルを2体仕上げなければいけないのであんまり時間的な余裕はなさそうです

せっかく版権許諾いただけたので自分がそれなりに納得できるものをWFに持っていけたらなと思います







前回の記事で今後のことを雄弁に語っておりましたが、この2週間で色々状況が変わってしまいまして

なんと4月から転勤になりそうとのこと

まともにフィギュアを作っていられる環境でなくなりそうです


なんとかフィギュア作り自体は続けていけるように努力しますが夏のWFは出られなさそうです

WFに出すことがフィギュア作りのモチベーションの一つだったのでとても残念です

下手すればしばらくWF当等のイベント参加は見合わせる事になるかもしれません
なんせ転勤先が長野の山中なので、物資の調達もままならないという・・・・もうね・・・・・・







まあまずは目の前の作品をしっかり作り上げていきます

あと少しがんばろー


 
  1. 2017/01/28(土) 23:12:32|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

青葉作ります!その5 -2017年-



遅くなりましたが新年おめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします


今年もいつもどおりボチボチフィギュアを作っていけたらなあと思います
あとブログの更新頻度上げていきたいです




頻度上げるといっても製作速度的に頻繁に更新するのが難しくて
他にネタになりそうなものあまりないのでどうしよかってところなんですが・・・・

個人的にはゲームの話とかしたいですけど、基本下手くそですしブログの趣旨から外れるので需要も無いでしょうし


どれぐらい下手かっていうとこれぐらい

DSC_3457.jpg

対戦慣れしてないのに毒統一とかやってこのザマです
対戦数自体まだ少ないですがこれはよろしくない

反省して画像のようなちゃんとしたパーティ組み直したのでここから巻き返していきたい
ただこのパーティ、特殊ルカリオで死ぬ気がする・・・







原型の方ですが



ついに明日から仕事となってしまいますので、青葉はこのへんで完成ということで

小さいパーツの表面処理等は粘土埋めしながら微修正がありますが全体としてはこれで終わりです


以下写真


P1082915.jpg

これが青葉であるか、という点を重視しなければそれなりに良くできたと思います

全高は17cmぐらいと割と小型になってます
加古や古鷹が空間に点を拡散させる感じでしたが、青葉はギュッと圧縮したようなイメージです(何となく伝われ・・・)

私の作るものが大型化の一途を辿ってましたので、それをうまくまとめ上げることができないかを考えて作り始めました
(そんな記憶があるような無いような)


P1082882.jpg

なのでディティールは多過ぎず少過ぎずにならないようにしてます
ディティールを密集させる場所とそうでない場所のメリハリが出せてればいいなと思うのですが・・・


ポニーテールが見える角度になれば青葉っぽく見えますかね
アホ毛が荒ぶり過ぎてますが二本でてればいいかなぁと思うので、完成見本作るときに各自調整で・・・(^q^)


P1082928.jpg

装備の持たせ方はもう少しなんとかならなかったのかと自分でも思いますが、結果的にどうにもならなかった、という事です・・・

真横から見たときのシルエットが長方形になってしまっているのが良くないですね
装備の角度的にしょうがない気はしますがもう少し流れが出るように工夫したほうがいいです

パッと見たときのシルエットが定形になっていない方が動きが出て見えるので


P1082889.jpg

尻の形状とシワは結構うまくできたと思います
青葉は露出が少ないし艤装も控えめなので作り込に気合が入る場所が少なくて・・・

その分尻と太ももと膝らへんを頑張りました

自分が作ってて一番楽しい部位は下乳から膝下全般、特にお腹ですね


P1082887.jpg

艤装には柵をつけていませんが完成品作成時には柵が付く予定です
なので申し訳ないですが販売するキットの方には柵は付属しません

説明書の方には柵の作り方を載せるかオススメの改造パーツ等を紹介ようと思ってます

常圧複製になるので細かくて複雑な柵のようなパーツはうまく複製できません
そのため今回は柵なしとさせて頂きました


うまく複製できないパーツがあるとね・・・・・・ダメなんですよ・・・複製中のメンタルが・・・・


P1082896.jpg

完成品には柵がつくということで塗装品はこの状態より情報量が増えますので見栄えは増しそうです
策をつける場所は背面装備にぐるりと三段、各砲塔上部に半周、あとは左腰の煙突上部に一周ですね
使えそうなエッジングパーツは確保してあるのでうまく付けばいいですが


本当は袖から見える脇を作りたかったんですがパーツ形状的に無理だったので諦めました

煙突が少しディティール不足に見えますが、少しモールド掘ってあるので色塗ればそれなりに見える予定


P1082916.jpg

体から脚にかけてのラインはうまく作れたのではないかと思ってます
特に尻から太もも膝ふくらはぎのライン、悪くないのではないでしょうか!

膝裏も結構気合入れたんでそこらへんも効いてるかなぁと

襟元が少し浮いてしまってるんですが、これは襟の下に入れてるベルトパーツが少し干渉しているようです
ベルトパーツはレジンキャストになれば弾力が出ます。
現状はベルトが体と背面艤装と煙突に挟まれて力がかかり浮きが出ている状態なので
弾力が出れば力を吸収できるのでうまくフィットします。

パーツ間の距離感と位置と大きさは調整済みなので問題ないです

なんであれ原型状態であまり無理して粉砕が一番怖いです

P1082937.jpg

目線合わせ

青葉は少しタレ目気味の方が雰囲気出そうですね
睫毛ももう少し厚めに書いて良さそうかな


顔がもう少しうまく作れればいいんですけど・・・
うまい顔のビジョンがはっきりしてないからダメなんでしょうね


一応自分の目標といいますか好きな顔つきの原型師さんがいましてそういう雰囲気の顔が作りたいってうのはあるんですが
技量と知識がが全くついていかないという・・・

自分の作風でアレンジして尚且つそのキャラクターを表現できるというのはすごいと思います


次回作は顔に新しいチャレンジが必要ですね


P1082944.jpg

俯瞰気味

背面艤装の上部ディティールずれてる・・・

ちゃんと写真撮るなら原型乗せてるベースも色あわせないとダメですね・・・
下のベースもグレーの方が統一感出て原型ですって雰囲気出そうです

あと針金固定じゃなくてもうすこ見えにくい透明の樹脂棒とかあればそういうの使ったほうがいいですね

原型とは言え見せ方も大事なはず



P1082955.jpg

顔(^ω)^

これは青葉として成り立つかを考えなければ悪くないかと・・・・多分
色塗ればなんとかなるかなぁ


写真的にはもう少し背景を明るくして原型の存在が際立つようにしたいところ
今回は写真とかにもしっかりこだわっていきたいと思ってます



P1082966.jpg

仰角で

これは少し明るすぎ?
ライティングって難しいですね。
Twitterで詳しい方に少しお話を聞きましたが凄い奥が深くて「すげぇ・・・」しか言葉が出てきませんでした
それぐらい難しいです

この角度から見るとぴょーんとして見えて躍動感ありますね




青葉としてはこんな感じです
ここから微妙な表面処理の手直しをしつつ複製作業に入ります

今週中に粘土埋めて週末からシリコン流し、来週末から複製が開始できればいいかと考えてます

欲を言えば今月中に複製は終えたいです



----以下蛇足----

記事内でも書いてますがディティールの効率的な配置と全体の雰囲気、写真の取り方や見せ方、といったとことなんですが
今年のテーマとしてここら辺に拘って行きたいなと思ってます


正直周りのクオリティと進歩についていけない、というのを最近ヒシヒシと感じています。



まあ別に趣味なんでついて行けなくても自分の好きなもの作ってればいいんですけども・・・


Twitter見てるとまずデジタル組の勢いが盛んですよね
そしてデジアナ問わずすごい綺麗な作品をつくる人がとても増えたと思ってます



もとより勝負になっていない所ではありますけど、自分も少しは負けたくないって思うわけで



じゃあどういうところで勝負ができるのかなーって考えると

物量、ディティール量、その精度、パーツ形状の正確さ、辺りではデジタルには到底敵わないです

自分が作ってきたものは前者2つが武器になってきたと考えてますが、先々それが普通になりかねないです。
パーツ形状の正確さは言わずもがな。

自分は仕上げが若干チープなので(性格的にも)丁寧さが欠けてます(おい
まあもう少し丁寧に・・・と毎回思っているわけですが・・・・・・



そこはツールの違いで必然的に差が出てしまう、または難易度が大きく変わるものだったり
人間性の差だったりと、物理的にも精神的にも原因があるわけです




なのでそこで無理やり勝負しても勝ち目は薄いです



じゃあ何するよって考えた時に自分なりに出た方向性として

①大きくなくても大きく見せる
②効果的なディティールを入れられるように
③上記に二項のおかげで複雑にならず綺麗に仕上げやすくなる効果が生まれるはずはず
④見せ方も工夫しよう

こういうことからやって行ってみようかなと思った次第です。
まあ割と普通な事なんです・・・


ディティール少なくっても魅力的な作品はたくさんあるし、ボリュームの多寡は人次第です。
丁寧な人は本当に丁寧に処理した、全体の一貫性のある綺麗な作品を作られます。


作品を作るということは優劣をつけることではないのであんまり勝負勝負っていうのもどうかと思いますが
何か考えながら作ったほうが作る側としても楽しいと感じてます。


結局使える時間も環境も人それぞれですが、自分の出来る範囲でテーマを決めてクオリティを上げていきたいなと思ったので
少し皆さんの作品と比較して考えて2017のテーマとした次第です

まあ吉と出るか凶と出るかわかりませんが色々やってみるのは悪いことではないですよね


勝手に長々語りましたがご不快に思われる方いましたら申し訳ありません



原型製作者が求められてもいない造形論を勝手に語り始めたときは色々とアレな時です

お察しください(´;ω;`)



今年もよろしくお願いします


  1. 2017/01/09(月) 11:30:27|
  2. 自作フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

yan

Author:yan
こんにちは。
ここは管理人yanがちょこちょこ作ったものをアップすることを主にするブログです。ガンプラ・フィギュア等々を上げていく予定です。

このブログ内の文章や画像は許可無く流用・転載しないでください。大した物無いけど。一応、念のため。

※プロフィール画像の魚ヘッドは管理人がつくたものではありません!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (5)
イベント (39)
自作フィギュア (105)
ゲーム (1)
キット制作 (21)
その他 (19)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する